役立つ3分
仮想通貨とは?わかりやすく仕組みと稼ぐ方法を解説

仮想通貨とは?わかりやすく仕組みと稼ぐ方法を解説


仮想通貨とは?わかりやすく仕組みと稼ぐ方法を解説

今、なにかと話題の仮想通貨。

稼ぐチャンスがあるという話を耳にして、興味を示す方も増えています。

あまり良くないイメージをお持ちの方も多いですが、実際はどうなのか?

仮想通貨の仕組みやメリット・デメリットを分かりやすく解説します。

SPONSOR LINK

仮想通貨とは?

仮想通貨は、インターネット上で取引されるお金です。

電子マネーとの違い

仮想通貨は電子マネーに似ている気もしますが、その違いは、仮想通貨は世界中とつながっているインターネット上のお金ということ。

海外との取引の際に手数料があまりかからず、国ごとの貨幣価値の差もそれほど生まれず、世界共通の単位のお金として使えることです。

一方で電子マネーは、現金を電子化してコンピューター上のデータで決済される仕組みなので、日本円を電子マネーに変えて、日本円の代わりとして使えます。

要は電子マネーは一つの通貨の代わりとしてしか使えません。

SPONSOR LINK

仮想通貨の仕組み

仮想通貨はインターネット上にだけ存在するお金です。

どこかの国や公的機関が発行しているものではなく、民間で仮想通貨の仕組みが運営されています。

仮想通貨に信頼をおいている者(仮想通貨をお金だと思っている者)同士なら取引が可能であり、取引所は世界各地にあります。

したがって、まだまだ仮想通貨の普及率が低い日本では、仮想通貨に信頼をおいている人が少ないため、仮想通貨が使えるお店が少ないのです。

仮想通貨という名前ですが、インターネット上でのお金のやりとりは暗号化されているため、暗号通貨ともいわれています。

仮想通貨=仮想の通貨という呼び名が、多くの人が仮想通貨を信用できない一因にもなっているのでしょう。

以前、ジャーナリストの池上彰さんがTV番組で仮想通貨を分かりやすく解説していたのですが、一部のインターネットに詳しい人々による「世界共通のお金があったら便利」という発想から生まれたのが仮想通貨です。

この仮想通貨という仕組みをいかに安全なものにするかということで、改善に改善が重ねられ、現在に至ります。

池上彰さんの動画はこちら
池上彰さん 仮想通貨(ビットコイン) – YouTube

仮想通貨の種類一覧

ビットコインという仮想通貨が一番有名ですが、実はこんなに多くの種類の仮想通貨があります。

それぞれの仮想通貨の認知率(2016年の調査)とともに表にしました。
認知率
ビットコイン(BTC) 83.3
イーサリアム(ETH) 13.3
リップル(XPR) 11.3
ライトコイン(LTC)

8.7
ダッシュ(DASH) 3.3
メイドセーフ(MAID) 4.3
ドージコイン(DOGE) 4.0
ネム(XEM) 2.3
ファクトム(FCT) 2.0
モネロ(XMR) 1.7
ビットシェアーズ(BTS) 4.7
ステラ(XLM) 4.7
ビアコイン(PPC) 5.3
ホリエモンカード(XPC) 8.0
モナーコイン(MONA) 4.3
エターナルコイン(XEC) 3.3
富士コイン(FJC) 7.7
悟コイン(0.001BTC) 3.3
侍コイン(XSM) 5.3

ビットコインとリップルがおすすめです。

ビットコインの認知率が圧倒的に高く、認知率が高ければ高いほど信用もあって、広範囲で使えるというのは言わずもがなですね。時価総額も1位のビットコインです。

時価総額がビットコインに次いで2位なのがリップル。今勢いのある仮想通貨です。

SPONSOR LINK

仮想通貨の取引所一覧

仮想通貨の取引所にも、それぞれ特徴があります。

メリット デメリット 取扱の通過
Coincheck(コインチェック) ・シンプルで見やすいデザイン
・スマホアプリが使いやすい
・365日24時間取引が可能
・取扱している通貨が多い
・登録、本人確認が簡単
・クレジットカード決済では手数料がかかる

・ビットコイン(BTC) ・イーサリアム(ETH) ・イーサリアムクラシック(ETC) ・モネロ(XMR) ・ダオ(DAO) ・ファクトム(FCT) ・リスク(LISK) ・ネム(NEM) ・ダッシュ(DASH) ・ライトコイン(Litecoin)
bitFlyer(ビットフライヤー)

・ 取引画面が初心者でもわかりやすい
・アプリがシンプルでキレイ
・イーサリアムも取引可能
・安心の平日9時~19時のサポート対応
・365日(6時~25時)売買できる
・ 大手企業が出資していて安心

・売買時間が25時~6時まで
・取り扱い仮想通貨が少ない点
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
Zaif(ザイフ) ・ 登録が簡単!
・ 取り扱っている通貨が多い
・セキュリティが高く安全
・手数料がかからない
・アプリが少し使いづらい ・ビットコイン(BTC) ・ネム(NEM) ・モナコイン(MONA)
bitbank Trade(ビットバンクトレード) ・ビットコインFXに特化している
・レバレッジが最大20%
・365日24時間取引が可能
口座開設が最短2分
・ 取扱通貨がビットコインのみ
・ FXメインなので用途は絞られる
ビットコイン(BTC)

※ビットコインFXは、証拠金を預け入れて、差金決済によりビットコインを売買できるサービスです。

取扱している通貨が多いこと、初めての方でも使いやすいことから取引所はコインチェックをオススメします。

☞ コインチェックはコチラ

仮想通貨の稼ぎ方

値動きの差額で稼ぐ

仮想通貨の稼ぎ方ですが、株と一緒で仮想通貨にも値動きがあるので、安い時に買って、買った額より高い時に売って、その利益を得るというもの。

過去に遊び半分で仮想通貨を買って放置していたのが、忘れかけていた頃に、仮想通貨の価格が何千倍にもなっていて大儲けをしたという実例もあるので、実際に稼ぐことは十分可能です。

事実ここ数年内でも、仮想通貨は激しい値動きをしています。

いくらから買える?

ビットコインを例に挙げます。

ビットコインは理屈では1円から買えるのですが、実際には取引手数料などの便宜上の理由から、取引所によって最低取引額が決まっています。

単位はビットコイン(BTC)で、2017年5月の終わり頃には1ビットコイン(1BTC)30万円に近づきました。

ビットコインを投資と考えるならば、一般的には安くても1ビットコインは購入したほうが稼ぎやすいです。

リスクを回避して稼ぐには、まずは約30万円分の利益を確保して、その利益は溶けても構わないという覚悟で投資をすれば、大きな損害を被ることはないでしょう。

ただし仮想通貨で稼ぐことは、今のところ投機とみなされていますし、ギャンブル的な要素が強いです。

しかしこの先の仮想通貨の世界的な需要が拡大したり、仕組みがさらに整備されるとなると、どういう変化があるかは分かりません。

日本国内では信用度・普及率ともに低い仮想通貨ですが、中には大金をつぎ込んで仮想通貨を買う人もいます。

デメリット

投機的・ギャンブル的

仮想通貨の相場は刻一刻と変化するので、仮想通貨を買った後に価格が暴落して価値がなくなる可能性もあり、投機的・ギャンブル的な要素が強いです。

そして仮想通貨の価格が暴落した際の国や企業による補償はありません。

取引所の破綻による悪いイメージ

また、2014年に国内のビットコイン取引所のマウントゴックスが破綻したため、仮想通貨へ悪いイメージをもつ方も大勢います。

1つの取引所が破綻しただけであり、仮想通貨そのものが使えなくなったわけではありませんが、悪いイメージにより、仮想通貨への理解が乏しい方には中々、手を出しにくい状況といえるでしょう。

メリット

仮想通貨の値動き

仮想通貨(時価総額トップ10)のここ1年間(2016年4月~2017年4月)の価格上昇率を調べたところ、平均8.76倍。

上がったり下がったりしながらも平均的には激しく上がっています。

仮想通貨の普及

2017年5月、LCC(格安航空会社)の最大手の一つ、ピーチ・アビエーションが年内に仮想通貨での決済を導入することを発表しました。

対象となる仮想通貨は、一番メジャーなビットコインです。

ビットコインの普及はアジア、特に中国で加速しており、多くの中国人観光客を獲得できる可能性もあります。

世界最大の人口を抱える中国で仮想通貨の普及が加速していることは、今後も仮想通貨の需要が高まることを示唆しています。

また、ピーチ・アビエーションがビットコインの決済を導入するとなると、仮想通貨の信用はますます高まっていくと考えられるでしょう。

これからも仮想通貨の需要が高まり、価格が上昇することは十分考えられます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

個人的に思うこと

人はよく分からないものには手を出さない習性がありますし、仮想通貨にネガティブなイメージをもつ人はまだまだ多いです。

しかし興味をもつ人が増えているのも事実で、今後、仮想通貨の普及率が高まれば、自ずとネガティブなイメージも変わってくるのではないでしょうか。

仮想通貨は簡単にいうと「インターネット上で取引される世界共通の単位のお金」なので、それが市民権を得たら、海外旅行の際に通貨の換金・送金で発生する手数料が省かれたり、国際的な金銭のやりとりがスムーズになります。海外によく行く方にとってはどれだけ便利になるかは想像に難くないでしょう。

世の中が時代の流れとともに急激に変化し続けている現代では、仮想通貨が一般的に使われるようになっても不思議ではないと思います。

まとめ

仮想通貨を買うにしろ、買わないにしろ、まずは正しい知識を持つことが大事です。

日本での普及率はまだまだ低いですが、便利なもので、稼ぐチャンスがあるのは事実です。

今後仮想通貨がどうなるかは分かりませんが、世界の経済にいい影響を与えることを願います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。