役立つ3分
工事不要のインターネットと言えばWiMAXがおすすめ!

工事不要のインターネットと言えばWiMAXがおすすめ!

自宅でインターネットをする場合、光などの固定回線に申し込む人が多いです。

しかし、固定回線は、工事に時間がかかるのがデメリット。

プロバイダによっては、利用開始まで一ヶ月近くかかることもあります。

また、月額料金も安くありません。

そこでおすすめしたいのがWiMAX。

WiMAXなら、工事の必要はありませんし、契約すれば4日ほどで専用の端末が届き、すぐ使うことができます。

今回は、WiMAXの利用方法・料金・プロバイダの選び方・メリット・デメリットについてお伝えします。

工事不要でインターネットを利用する方法

工事不要でインターネットを利用する方法

WiMAX(ワイマックス)なら即日開通

結論から言いますと、WiMAXなら工事不要で即日ネットが利用できます。

工事が無いのにどうやってインターネットができるのか? 

そういう疑問もあると思います。

実は、WiMAXは、プロバイダから提供される端末(モバイルルーター)を介してインターネットに接続するのです。

つまり、煩わしい配線が必要ないため、部屋の中も邪魔になりません。

料金比較

WiMAXの魅力は他にもあります。それは月額料金が安いこと。

どれだけお得なのか、固定回線のソフトバンク光・auひかりと比較してみました。

ちなみに、WiMAXはプロバイダGMOとくとくBBの料金を参考にしています。
※GMOとくとくBBは後述するキャッシュバックが最も多く、利用者も多いプロバイダです。

以下の表をご覧ください。

プロバイダ 月額料金
ソフトバンク光 5,200円
auひかり 5,200円
GMOとくとくBB 2,699円~

このように、WiMAXプロバイダ、GMOとくとくBBの月額料金が安いのが分かっていただけたかと思います。



WiMAXの回線スピード

WiMAXの回線スピード

インターネットを利用する上で、通信速度はとても大切です。工事不要・月額料金が安いと言っても、通信速度が遅いとストレスになります。そこで、WiMAXの速度について解説していきますので、ご覧ください。

WiMAXには現在3つの回線があり、それぞれ電波の強さ・通信速度が異なります。

・WiMAX
・WiMAX2+
・au 4G LTE

それぞれ詳しく見ていきましょう。

WiMAX

WiMAXのサービスが開始された当初からある回線となります。しかし、通信速度は遅く、電波も強くありません。壁の厚い部屋の中や地下街ではほぼつながりません。

・下り最大速度13.3Mbps
・上り最大速度10.2Mbps

WiMAX2+

紹介する3つの回線の中で最大速度が一番速い回線です。ただし、電波は通常のWiMAX回線と同様あまり強くありません。
※とは言え、年々利用可能エリアは増えてきています。

・下り最大速度590Mbps ※590Mbps対応エリアは現在東京・愛知・大阪のみ。
・上り最大速度30Mbps

au 4G LTE

LTEの魅力は電波の強さ。スマホ並みにつながります。最大通信速度はWiMAX2+には劣りますが、遅いというわけではありません。

・下り最大速度150Mbps
・上り最大速度15Mbps

回線の種類によって、最大速度が異なるということがわかってもらえたはずです。

ちなみに最大速度はあくまでベストエフォート。必ず最大速度が出るというわけではありませんので、ご了承ください。

WiMAXプロバイダはキャッシュバックに注目!

現在WiMAXのプロバイダは20社以上あります。

これだけ多いと、どういう基準で選べばよいのか迷ってしまうはずです。そこで、お得なプロバイダを選ぶコツをお伝えしましょう。

WiMAXプロバイダの多くは、キャッシュバックキャンペーンを実施しています。プロバイダによっては、3万円を超えることも。

WiMAXの料金プランには、2年間の最低利用期間が設けられています。

高額キャッシュバックが貰えると、2年間の実質コストはかなり抑えることができるのです。

もっともキャッシュバックが多いプロバイダは、GMOとくとくBBと言います。

記事執筆現在のキャッシュバックは、30,500円です。正直言って、これほどのキャッシュバックが貰えるプロバイダは他にありません。

もっともおすすめするWiMAXのプロバイダが「GMOとくとくBB」です。

⇒ 公式サイトはコチラ

WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXのメリット・デメリット
工事不要で月額料金が安いとお伝えしてきたWiMAX。ここでもう一度、メリットとデメリットについて見ていきましょう。デメリットも知っておくことで、いざ契約してから聞いてなかった、なんてことにならずに済みます。

デメリット

キャッシュバックの受け取りまで時間がかかる

キャッシュバックの受け取りは約一年後となります。それまで覚えてなくてはいけません。

申し込みの際、キャッシュバックの受け取りがいつになるのか、問い合わせておくのをおすすめします。

速度制限がある

固定回線とは異なりWiMAXには通信量制限があります。ある一定の基準に達すると速度制限がかかるのです。条件は以下の通りです。

回線名 速度
Flatツープラス利用時 月間の通信量が7GBに達すると、速度制限がかかり、最大速度は、128kbps
au 4G LTE利用時 月間の通信量が7GBに達すると、速度制限がかかり、最大速度は、128kbps
WiAMX2+・au 4G LTE利用時 直近3日間の通信量が10GBに達すると、10GBに達した翌日の18時から翌々日の2時までの8時間、速度制限がかかります。最大速度は1Mbps

メリット

配線がないので、部屋がスッキリする!

本記事でお伝えしたように、WiMAXは工事不要です。端末さえあればインターネットにつながります。

固定回線だとルーターや、ONU・モデムなどを置く必要があり、配線がごちゃごちゃして煩わしいのですが、WiMAXなら配線は不要です。

家の中だけでなく、外でも使える!

WiMAXの最大の魅力と言えるのが、汎用性の高さです。ご自宅で固定回線として使えるのはもちろん、外出先でもネットが楽しめます。

月額料金が安い!

今回の記事で、GMOとくとくBBとソフトバンク光・auひかりの月額料金を比較しました。もう一度それぞれの料金を見てみましょう。

・ソフトバンク光:5,200円
・auひかり:5,200円
・GMOとくとくBB:2,699円

このようになっていました。GMOの場合、さらにキャッシュバック特典が貰えます。記事執筆現在の金額は、30,500円とお得です。

まとめ

インターネットを使いたいと思うとき、意外に面倒なのが工事です。

ルーターやONUにつながるLANケーブルなどで、たくさんの配線でごちゃごちゃしていると、見た目もよくありません。

WiMAXなら面倒な工事は不要です。端末さえあればインターネットにつながります。この機会にWiMAXへのお申し込みを検討されてはいかがでしょうか?



コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。