役立つ3分

東京【羽田/成田】からLCC(格安航空券)で韓国へ日帰りする?


東京の「羽田空港」と「成田空港」から韓国へLCC(格安航空会社)を利用して旅行に行くにはどの会社を利用すれば良いのかを調べてみました。

SPONSOR LINK

東京【羽田/成田】からLCC(格安航空券)で韓国へ|日帰りする?

LCCのピーチが日本の航空会社で初めて、キャンセルした航空券代金を補償するサービス「Peachチケットガード」を2月下旬から販売します。

チケット料金の価格のみならず、様々なサービス展開を始めたLCCですが、やはり一番の魅力は「格安」で手に入る可能性のあるチケットではないでしょうか?

国内旅行にとどまらず、海外旅行も格安チケットで行ける時代がすぐそこまで来ています。

関東圏の人でしたら、「羽田空港」か「成田空港」が窓口ですね。

では、「羽田空港」「成田空港」それぞれ路線を持っているLCCをあげてみます。

安い!ピーチで韓国へ日帰り格安ツアー。9,000円~!

成田空港からLCCを利用して韓国へ

これまでは東京の玄関口といえば、国際線を飛ばす「成田空港」でした。

その成田-韓国の路線をもっているのが「バニラエア」「イースター航空」「エアプサン」でした。

東京(成田)=ソウル(仁川)を運行する「バニラエア」で行くとすると、費用は最安値で、8,000円(片道)~です。

出発時刻が7:05と少し早いので、その時間に成田にいる方法を考えなければなりません。

「イースター航空」「エアプサン」ともに韓国の格安航空会社 (LCC)です。

イースター航空は「成田-ソウル(仁川)」
エアプサンは「成田-釜山」

を結んでいます。

SPONSOR LINK

羽田空港からLCCを利用して韓国へ

羽田空港から韓国へ飛行機をとばしているLCCは・・・

すいません。

2014年2月現在は羽田発のLCCはありません。

羽田空港からLCC国内線は出てる?

でも書いた通り、「ピーチ」「ジェットスター」「バニラエア」は羽田での離発着権をもってません。

羽田空港を利用する場合はレガシーキャリアを利用することになります。

SPONSOR LINK

まとめ

羽田と成田の違いはやはり都心部からの距離です。

LCCは世界的に見ても、「不便」な空港を割り当てられる傾向があるとのことで、当分は羽田空港から利用できるLCCは現れないのではないでしょうか?

成田からLCCを利用する場合は格安高速バスを利用すると良いみたいです。