役立つ3分
ラスベガス観光ランキング|個人的におすすめな場所ベスト3

ラスベガス観光ランキング|個人的におすすめな場所ベスト3


ls001

ラスベガスって行ったコトありますか?

海外旅行に行くと
人生の幅が広がるような
そんな体験をすることができます。

若者が海外旅行に出かけなくなった
と言われる中、
ラスベガスに二回ほど
行く機会がありました。

ラスベガスを観光して
感じたことは、
「あ、世界って広いんだな」
と言うこと、
自分がいかに小さい世界の中で
生きてるかを思い知らされました。

ラスベガスを知り尽くしている訳では
ありませんが、
「人生の幅」を広げるような
ラスベガスの楽しみ方を
個人的に3つオススメしてみたいと思います。

SPONSOR LINK

ストラトスフィアタワーのアトラクションに全部乗る

さすが、エンターテイメントの国と
言えるアトラクション。

シックスフラッグでアメリカの
絶叫マシーンのレベルの高さにやられた
ことがありましたが、
その斜め上を行く絶叫アトラクションが3つあります。

どれもクレイジー!?で
なんと説明したらいいか分かりませんが、
ラスベガスを訪れたら、一度は挑戦してみてほしいです。
(二度とやりませんが・・・)

ストラトスフィアタワーイメージ画像

この3つのアトラクションを経験すれば
人生観が変わるコトは間違いありませんし、
テレビで特集を組まれた時に
ドヤ顔できます。

SPONSOR LINK

ストリップ通りを歩いてみる

全長6.8 kmの
ラスベガス・ブールバード(大通り)
通称「ストリップ通り」を歩いてみてください。

客室数で世界の25傑に入るホテルのうち19がこのストリップに並び、客室総数は67,000を超えている。(ウィキペディア)

何もかもスケールが大きく、
見るものすべてが人を惹きつけるように出来ています。

「ベラージオの噴水」

「パリス エッフェル塔」

「ニューヨーク・ニューヨーク」

「ミラージュの火山噴火」

「ザ・サイレンス オブ TI」

どれも歩いているだけで遭遇し、
ストリップ通りを歩くだけで
異世界を楽しめます。

カジノをドカンとやってみる

24時間眠らない街ラスベガスの醍醐味は
何と言ってもカジノでしょう。

「スロットマシン」
「ルーレット」
「ブラックジャック」
「バカラ」

どれも簡単にできてやり方さえわかれば楽しいものです。

はじめはビクビクしながら席についても
数分もすれば初老の白人男性とハイタッチを交わすほど
白熱したルーレットは今でも良く覚えています。

日本人はギャンブルに罪の意識があるのか分かりませんが、
ラスベガスに行ってカジノをやらない人も多いようです、
小さな掛け金のスロットマシンを端っこでちょこっとやるのもいいですが、
テーブルについてドカンと居座ってカジノをやってみてはいかがでしょうか。

きっとラスベガスの観光が
価値観をかえるような出来事になると思います。

ラスベガス観光のまとめ

ベスト3と銘打って書いてしまったのですが、
「食事」「ショー」「自然」「買い物」などなど
ラスベガスの楽しみはまだまだたくさん有ります。

ぜひ色々な情報を集めてみてください。
ラスベガスは楽しいところです。

これからラスベガス観光に出かけようと思っている方の
一つの判断材料になれば幸いです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。