役立つ3分

伊勢神宮 パワースポット 恋愛

日本屈指のパワースポットと言われる「伊勢神宮」

伊勢神宮の「パワースポット」「恋愛」「石」について調べてみました。

SPONSOR LINK

伊勢神宮のパワースポットで恋愛成就?内宮の石は?待ち受けにする?

日本の総氏神(うじがみ/神道の神様)とされる神社

伊勢神宮は三重県伊勢市にある神社で、数ある神社の中でも別格の日本の総氏神(うじがみ/神道の神様)とされる神社です。

内宮(ないくう)、外宮(げくう)を含む125の社殿からなり、伊勢市全体が伊勢神宮といってもよいほどの規模が大きいです。

日本の人口が3000万人程度の江戸時代に、年間の参拝者数は400万人を超えたと言われており、江戸時代の日本人のほぼ5人に1人が伊勢神宮を参拝した計算になります。

江戸からは片道15日間、大阪からでも5日間、名古屋からでも3日間、岩手の釜石からは100日掛かったと言われています。
参照元:お蔭参り – Wikipedia

そして近年、参拝者が増加の傾向にあり、平成22年の累算参拝者数は860万人を超え最高記録を更新しました。
(http://www.isejingu.or.jp/whatsnew/detail.php?uid=71より)

伊勢神宮の参拝者増加

伊勢神宮の参拝者増加の要因として、

「日本文化に対する関心が高まっていること」
「パワースポットブーム」

などが挙げられ、「遷宮」が行われる今年も参拝者が増加すると言われています。

SPONSOR LINK

伊勢神宮のパワースポットと恋愛成就

結論から言うと・・・

伊勢神宮に恋愛成就を祈願しに行く事はあまり好ましくない。

みたいです。

伊勢神宮の内宮の正式名称は「皇大(こうだい)神宮」で、天照大御神(あまてらすおおみかみ)が祀られています。

天照大御神(あまてらすおおみかみ)は日本神話に登場する神で皇室の祖神で、日本民族の総氏神とされています。

つまり

日本という国の祖にあたり、国の礎そのものを奉っているので、個人のお願いをするのは控えたほうが良いみたいです。

日本を見守って下さっている神様ですので伊勢神宮ではお願いごとをするのではなく、

「いつも見守ってくれてありがとうございます」と

感謝のキモチを伝えるべくお参りする場所のようです。

では、どこに恋愛成就のお願いをすればよいのか!?

それは・・・

女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる『石神さん』が有名なようです。

伊勢神宮のパワースポットで恋愛成就

鳥羽市相差(おおさつ)の神明神社には25柱の神が祀られています
その中の一つ、参道にある小さな社石神さんと親しまれている女神があります
ご祭神は、神武天皇の母 玉依姫命(たまよりひめのみこと)です
海女たちが古くから「女性の願いならひとつは必ず叶えてくれる」と密かにお参りを続けていました。いつしか全国から参拝客の絶えることがない社になっています

石神さん【神明神社】の場所を大きな地図で見る

益子直美さんや、小沢真珠さん、さとう珠緒さん、松嶋尚美さん、吉岡美穂さん
など、有名人の方もプライベートや番組の取材などで訪れているそうです。

⇒⇒⇒女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる『石神さん』特集

「女性の願いならひとつは必ず叶えてくれる」
ドラゴンボールのような激アツ神社ですので、
恋愛成就のお願いは(女性限定ですが・・・)こちらにお願いしてみてはいかがでしょうか?

SPONSOR LINK

伊勢神宮の石!?

伊勢神宮の石

伊勢神宮そのものがパワースポットと言われていますが、

中でも

外宮のパワースポット「三ツ石」が有名です。

伊勢神宮のパワースポット
ここは、式年遷宮の時、お祓いをする場所で、
この石の上に手をかざすと温もりを感じるパワースポットでも有名のようです。

麻生さんも、この「三つ石」に手をかざしエネルギーを感じられたそうです。
伊勢神宮のパワースポット

伊勢神宮のパワースポットまとめ

伊勢神宮をお参りする際は

内宮⇒外宮の順番で回るのが正しい参拝方法です。

また、拝礼は二拝二拍手一拝、外宮では左側通行、内宮では右側通行など

最低限のマナーを守る事も忘れずに参拝しましょう。

日本人の心とも言える伊勢神宮。

ぜひマナーと一緒に一度は訪れてみたいところです。