役立つ3分
薄毛・AGA治療に効く薬と副作用

薄毛・AGA治療に効く薬と副作用


薄毛・AGA治療に効く薬と副作用

薄毛・AGA治療において最も高い効果が認められている薬「プロペシア」と「ミノキシジル」。

両者ともに臨床実験では9割以上のAGA患者に効果が現れたと言われています。

しかし、ネット上にはプロペシアやミノキシジルの副作用について、誤った情報を載せているサイトも多いのが現実。

しっかりと正しい知識を身に着け、安全でかつ、最も効果が高い治療法を知ることこそが、AGA治療の近道です。

薄毛・AGA治療に効く薬、プロペシア

プロペシア

プロペシアとは

別名「飲む育毛剤」とも言われるAGA治療薬、プロペシア。

薄毛やAGAにお悩みの方であれば、一度は耳にしたことがある薬ではないでしょうか。

「プロペシア」とは実は商品名です。

フィナステリドという成分がAGA治療に効果のある成分で、フィナステリドを主成分として作られた薬の名前が「プロペシア」です。

プロペシアはもともと「前立腺肥大症」や「前立腺ガン」などの病気の治療薬としてアメリカで開発されました。

それを飲んだ患者の体毛が濃くなったことがきっかけとなり、AGA(男性型脱毛症)治療の特効薬として世界中に広がりました。

DHT(ジヒドロテストステロン)

前立腺の異常とAGA、一見すると何の関係もないように思えますが、実はこの2つの症状には共通する原因があります。

それは、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンが関係している点です。

このDHTというホルモンが体内で増加することによって、前立腺の異常や過剰な抜け毛を引き起こします。

ここで登場するのが、救世主「プロペシア」です。

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、このDHTを抑制する働きを持っているのです。

つまり、プロペシアを服用することで、前立腺の病気を予防するだけでなく、抜け毛の抑制にも繋がるというわけです。

ただし、ここで覚えておきたいのはプロペシアの作用はあくまで脱毛の抑制であり、発毛の促進効果はないということです。

ですから、髪の毛を増やしたい、ハゲを治したい場合には、下で紹介するミノキシジルとの併用が必要です。

プロペシアの効果

プロペシアの効果

プロペシアによるAGA治療の効果は非常に高く、服用した患者のうち9割以上が何らかの変化を実感すると言われています。

実際の国内臨床実験のデータを見ると、3年間プロペシアを飲み続けた被験者のうち98%にAGAの進行がみられなかったという結果が出ています。

では、一体どのくらいの期間服用すれば効果がみられるのでしょうか。

プロペシアの期間

一般的にプロペシアを服用し始めてだいたい1ヶ月前後で抜け毛の量に変化が現れます。

ただし、脱毛が抑制されて髪の毛が生えるまでには多少の時間がかかりますので、明らかな効果を感じるまでに、半年ほどかかると言われています。

また、効果を感じるまでの期間「半年」はあくまで一般的な平均値であり、個人差が大きいのも事実です。

AGAの進行が初期段階であれば、使用2ヶ月程度で大きな変化を感じる方もいらっしゃいますし、進行が末期段階であれば髪が増えるまでに半年以上かかったという方もいます。

ちなみにプロペシアは、生え際への効果が薄いなどという記事を見かけますが、それは誤りです。

プロペシアの主成分フィナステリドはAGAの原因物質に作用しますので、もちろん生え際の後退にも有効です。

ただし、上でもお話ししたように、プロペシアはあくまで抜け毛を抑える薬です。

髪を増やすには、ミノキシジルとの併用が不可欠となります。

一般的な皮膚科などの病院では、脱毛の予防(プロペシア単剤の処方)が治療のメインとなりますので、髪の毛を増やしたいという方は、専門クリニックでの治療が必要です。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

プロペシアの効果が高いことはわかっていても、副作用が怖くて服用をためらう・・・そんな方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

プロペシアの副作用と言えば、よく言われる精力減退やED、うつ症状や肝機能障害、また上でもお話したように前立腺肥大症や前立腺ガンなどの治癒効果も副作用の一種として現れることがあります。

しかし、これらの副作用が現れる確率は非常に低いという事実をご存知でしょうか。

例えばプロペシアの副作用として代表的な精力減退、その症状が現れる確率は1%程度であることがプロペシアの添付文書に記載されています。

つまり大多数の方には副作用の症状はほとんど現れない、ということなのです。

実際のところ、国内外においてフィナステリド錠(プロペシア)による重篤な副作用は未だ報告されていません。

プロペシアによる副作用と発生頻度

では、何故ネット上にはプロペシアの副作用を大きく取り上げたサイトが多いのでしょう。

それは、プロペシアによる副作用の恐怖を必要以上に煽ることで、自身のサイトで紹介している育毛剤や育毛シャンプーに誘導したいからなのです。

恐らくそのようなサイトの誘導先は、効果の立証されていない育毛剤や育毛シャンプーになっていることでしょう。

ただし、ここで気を付けたいポイントが2つあります。

持病がある場合

まず一つめに持病の有無です。

以下のような持病がある方、又は服用中の薬がある方は、自己判断でのプロペシアの服用はお勧めできません。

その理由として、既に服用している薬との飲み合わせが悪かったり、持病を悪化させる危険性があるからです。

  1. 肝臓の持病がある
  2. 高血圧で服薬している
  3. うつ症状がある、又は向精神薬を服用している

上の3つに当てはまる方でもプロペシアを服用できることがありますが、それは血液検査の結果などを踏まえた上で、医師が判断するものです。

後で詳しく説明しますが、専門クリニックでAGA治療を受けた場合、きちんと事前に持病のカウンセリングや血液検査も行います。

ご自身の体調にご不安がある方は特に専門機関でのAGA治療をおススメします。

妊婦の場合

次に2つ目ですが、女性、特に妊婦のプロペシアの服用は厳禁とされています。

もともとプロペシアは男性型脱毛症(AGA)の原因物質に作用するものであり、女性の薄毛の原因とは異なります。

また、妊婦がプロペシアを服用した場合、胎児の生殖器の発育を阻害する可能性があるそうです。

なお、服用だけでなく妊婦がプロペシアに触れるだけでも胎児への影響が懸念されますので、プロペシア服用中のご主人は薬の置き場所や保管方法など配慮しておきましょう。

なお、プロペシアを服用している男性が子作りをしたとしても、胎児への影響はありません

プロペシアの臨床試験において、精液中にプロペシアの主成分「フィナステリド」が移行することはほとんどないそうです。

ただし、影響がないと立証されているのは、医療機関で処方されたプロペシアであり、一日の規定量を守って服用している場合です。

後述しますが、ネットで売られているフィナステリド錠(プロペシア)の中には、安全性の確立されていない容量で作られているものもあるのです。

必ず病院や専門クリニックで処方されたプロペシアを服用してください。

医療機関=高いというイメージがあるのでしょうが、実際のところプロペシア1ヶ月分4,000~6,000円程と手頃な金額で処方している医療機関も多くあります。

AGA専門クリニックを解説
評判のAGA治療【病院の料金】

薄毛・AGA治療に効く薬、ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルとは

ミノキシジルとは、主に外用(塗り薬)として薄毛・AGA治療に使われている薬で、最強の育毛・発毛剤と言われています。

薄毛・AGA治療において効果が立証されているのは、先述のプロペシア(フィナステリド)とこのミノキシジルの2種類だけなのです。

ミノキシジルと言えば思い浮かぶのが大正製薬の「リアップ」ですよね。

この「リアップ」は、CMなどでご存知の方も多いことでしょう。

ミノキシジルも、もともとは高血圧を抑えるために開発された薬でしたが、プロペシアと同様に服用した患者に多毛の症状が現れたため、薄毛・AGA治療薬として転用されるようになりました。

なぜ、高血圧の治療薬「ミノキシジル」に発毛効果があったのか、当初はミノキシジルの血管拡張作用によるものだと言われていました。

つまり、血管拡張によって血の巡りが良くなることで、毛根にも影響が行き渡り毛母細胞が活発化したと考えられていたのです。

しかし、最近の研究では、単なる血管拡張によって発毛が促されているのではなく、ミノキシジルが直接毛乳頭に作用しているのではないかと言われ始めていますが、実際の所そのメカニズムは解明されていないのです。

なお、ミノキシジルは外用薬(塗り薬)よりも、内服薬(飲み薬)の方が高い発毛効果を得られるというデータがあります。

このミノキシジルの内服薬は、一般的に「ミノキシジルタブレット」と呼ばれるもので、アメリカなど海外の国では広く知られている治療薬です。

ただし、日本国内においてミノキシジルの販売は許可されておらず、AGA専門のクリニックなどでのみ処方が可能です。

AGA治療の費用はいくら?評判の良いおすすめ病院は?

なぜ日本で許可されていないかと言うと、もとは高血圧の治療薬であり、症状がない人が継続的にミノキシジルを飲み続けることで、低血圧やその他副作用を引き起こす恐れがあるからです。

そのため、使用の際は必ず医師の判断の元で内服しなければなりません。

最近では、ミノキシジルタブレットをネット上で購入し自己判断で服用している方もいらっしゃるようですが、その方法は絶対にお勧めできません。

AGA専門クリニックであれば、血液や血圧の状態を検査した上で処方されますし、服用中の定期的な検査も実施しています。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、プロペシア同様に臨床試験において高い確率で改善が見られます。

繰り返し述べますが、プロペシアは脱毛の抑制に、ミノキシジルは発毛の促進に効果を発揮します。

では、ミノキシジルを含有する育毛・発毛剤を使用していつから頭髪に変化が出てくるのでしょうか。

下は、大正製薬「リアップX5プラス(ミノキシジル5%含有)」による発毛効果を表したグラフです。

ミノキシジル5%製剤の長期投与試験結果
【医師の評価(使用52週)】 <承認申請時添付データ>
ミノキシジルの効果

著明改善…密度の高い毛髪成長(薄くなった領域がほぼ完全に被われている。毛髪の密度は薄毛化していない領域とほぼ等しい)

中等度改善…中等度の毛髪成長(薄くなった領域が、新発毛により部分的に被われているが、薄くならなかった領域に比べると密度は低い[容易に識別できる])

軽度改善…軽微な毛髪成長(明確な毛髪成長がみられるが、薄くなった領域をかなり被うということはない)

不変…可視的毛髪成長なし

悪化…毛髪成長の後退

※データ上、小数点第2位を四捨五入しているため、グラフの合計が100.0にならない箇所があります。
リアップX5の副作用発現率8.0%(主な副作用・・・湿疹2.0%、毛のう炎2.0%、接触皮膚炎2.0%)n=50

参照元:大正製薬「リアップX5プラスの発毛効果データ」

このグラフを見てわかるように、リアップ使用の期間が16週(約4ヶ月)を過ぎると約7割の方が、終了時には9割以上の方が発毛効果を実感しているようです。

リアップX5プラスの注意事項の説明部分にも、効果が現れる期間として「4ヶ月使用後」との記載がありますので、だいたい4ヶ月後が一つの目安ということですね。

ただし、表にも記載があるように、薄毛・AGAの進行度によって効果が現れるまでの期間は異なります。

軽度の人は12週間後、中度の人は20週間後に割合が大きく伸びています。

ちなみに、ミノキシジルは塗布した所から5㎝の範囲に作用しますので、塗布時には間隔をあけて塗るようにしてください。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルを含有した塗り薬(発毛剤)の副作用は、頭皮のかゆみや湿疹、かぶれなどがほとんどであると言われています。

では、ミノキシジル含有の育毛・発毛剤の使用によってどのくらいの頻度で副作用を発症するのでしょうか。

以下は、厚生労働省が発表した「ミノキシジルのリスク区分」を参考に集計したミノキシジルによる主な副作用の発生頻度をまとめたものです。

ミノキシジルによる副作用と発生頻度
参照元:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000023431.pdf

上の表を見てわかるように、副作用として最も多い痒みや皮膚炎などの症状でも発生頻度は1割以下となっています。

なお、上の表は外用(塗布する)タイプのミノキシジルによる副作用のデータですが、海外で販売されている服用するタイプのミノキシジルタブレットには他の副作用も報告されています。

副作用の内容としては、全身の体毛が濃くなる、うつ症状や倦怠感が現れるなどです。

前述したように、作用の仕組みが解明されているプロペシア(フィナステリド)と違って、ミノキシジルが発毛を促すメカニズムははっきりとわかっていません。

実際に厚生労働省が発表しているミノキシジルの関連が疑われる死亡例も存在するのです。

今では日本で販売が許可されていない、内服タイプのミノキシジルタブレットもネット上で購入することができますが、外用のミノキシジルと比べて作用が強いため、決して自己判断での使用はしないでください。

AGA専門のクリニックであれば、事前に検査の上1人1人にあった量でミノキシジルタブレットを処方することもできます。

プロペシア、ミノキシジルの通販と値段

プロペシア、ミノキシジルの通販

最近では、海外から輸入したプロペシア(フィナステリド)やミノキシジルを安価に販売している通販サイトをよく目にします。

しかし、内情を知っている身としてはあまりお勧めできません。

通販サイトをおススメできない理由は、以下の3つにあります。

  1. 海外サイトからの個人輸入はトラブルが多い(商品が届かないなど)
  2. 成分の規定量を超えているなど安全性に問題がある
  3. 品質の差が大きい

特に上記2に関しては、重篤な副作用を引き起こす可能性が十分に考えられます。

まず、プロペシアの主成分フィナステリドも、ミノキシジルも日本国内においては含有量の規定が存在します。

それらを超えて成分を摂取した場合の安全性は確認されておらず、身体に多大な影響を及ぼす恐れがあります。

なお、最近ではプロペシアやミノキシジルのジェネリック薬品もネット通販で購入できるようになっています。(ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ効果で価格が安い薬のことです)

しかし、ジェネリックであろうとなかろうと、日本では販売が許可されていないのですから危険なことには変わりありません。

もちろん、長く続ける薬ですのでなるべく安く手に入れたいと思う気持ちはわかりますが、品質の面においても個人輸入の海外製品は粗悪なものが多いのが事実です。

ちなみに、過去製薬会社によって個人輸入の薬の成分の調査が行われましたが、結果製品の5割以上が偽造医薬品であったそうです。

もし、どうしても安価な海外製を試したいのであれば、まずは専門クリニックで副作用が出やすい体質でないか等を確認した上で、信頼性のある通販サイトでの購入を検討した方が良いでしょう。(業界最大手「オオサカ堂」では、薬剤師会による成分検定を行ったものが販売されています。)

なお、プロペシア及びミノキシジルの値段比較は以下を参照してください。

プロペシアの値段比較

プロペシアの値段比較

上の比較表をみてわかるように、プロペシアについては専門クリニックでの処方でも個人輸入の海外製でも値段はほとんど変わりません。

では、ミノキシジルはどうでしょう。

ミノキシジルの値段比較

ミノキシジルの値段比較

ミノキシジルになると、それぞれで値段の差が大きく出ています。

ただし、AGA専門クリニックで処方される外用薬は、1人1人の症状に合わせて作られますので、既製品とは内容が全く異なります。

ちなみに、効果が非常に高いとされるミノキシジルタブレット(内服薬)については、日本国内においてAGA専門クリニックでのみ処方を受けることができます。

まとめ

  • プロペシア、ミノキシジル共に副作用が現れる確率は少ない
  • 安易に海外製商品に手を出すと大変危険
  • プロペシアは病院(クリニック)と海外製で値段の差がない
  • ミノキシジルタブレットを処方できるのは専門クリニックだけ

薄毛・AGA治療において、プロペシアとミノキシジルの効果が高いことは良く知られていますが、正しい知識を持っている方は意外と少ないものです。

副作用についても事実を認識した上で、ご自分に合った治療法を選択できると良いですね。

オススメのAGA治療クリニック

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。