役立つ3分
お歳暮を贈ろう!時期はいつ頃?誰に何を贈るかお悩みの方へ

お歳暮を贈ろう!時期はいつ頃?誰に何を贈るかお悩みの方へ

もうすぐお歳暮の時期ですね。

毎年この時期になると相手や贈る品などで迷う方もいるのでは?

初めて贈るのでよく分からないという方もいるでしょう。

今回はお歳暮を贈る時期や相手、品の選び方やその他細かいマナーなど分かりやく解説します。

SPONSOR LINK

いつからいつまで?

歳暮とは、字で書いたとおり「歳の暮れ」のことであり、12月の季語でもあります。

この時期は歳暮周りと言われる、1年お世話になった人への感謝の気持ちを伝える年中行事が行われますが、正確にはその時相手に贈られる贈答品のことをお歳暮といいます。

贈る時期としては関東では12月始めから12月25日、関東以外では12月13日から12月25日とされています。

12月13日は「正月事始め」の日とされ、今では大掃除として知られる煤払いなど、新年の準備を始める日ですが、お歳暮も新年の準備の一つとして始まりました。

今では1年間お世話になった人に感謝の気持ちを伝え、来年もまたよろしくお願いします

という意味合いで贈られますが、元々は江戸時代に、嫁いだ娘がお正月に、実家へお世話になっているご先祖様へのお供え物として贈っていた

のが始まりです。

SPONSOR LINK

誰に贈るか

お歳暮を贈ろう!時期はいつ頃?誰に何を贈るかお悩みの方へ

元々はお歳暮を贈る相手のもとを訪ねて挨拶をするとともに直接渡すのが礼儀ですが、近年は時代や世相が影響してか、百貨店やお店に注文してそこから直送というスタイルが一般的です。

「昔は良かった…」と言われる作法の一つかもしれませんね。

多くの方が迷われるのは贈る相手の範囲です。

「お世話になった人」では漠然としすぎていますので。

まず挙げられるのは親、実家、親戚、職場の上司や取引先、お客様という感じです。

一番身近な親や実家、親戚というのは他に比べて気を遣いすぎることもなく贈りやすい相手ではないでしょうか。

親戚に贈る場合、どの範囲までかは自分の親に確認をしている方もいます。

また職場の上司に贈る場合は、会社のコンプライアンスに、お歳暮は贈らないという規定がないかの確認も必要になります。

以前に比べそういう職場も増えているようです。

その他には「お世話になった人」として個人的に思い入れのある人や、習い事の先生、友人に贈る方もいます。

友人に贈る場合は、お互いの消息を確認しあうためという意味もあります。

SPONSOR LINK

お歳暮の選び方

相場

お歳暮の相場ですが3,000~5,000円が一般的な相場です。

特ににお世話になった方へは10,000円ほどのものを贈る方もいるようですが、相手に妙に気を遣わせてしまったり、来年以降も同等の品を贈らなければ失礼にあたるので、無理をせずに熟考した上で贈るのがいいでしょう。

贈ると失礼にあたるもの

お歳暮には贈ると失礼にあたるものがあります。

特に目上の方には注意が必要です。

  • 靴や肌着など身に着けるもの・・・相手に対して「踏みつける」や「みすぼらしい格好をしてる」という意味になります。
  • 包丁、刃物類、はさみ・・・「縁を切りたい」という意味になってしまいます。
  • 文房具・・・「勉強してください」という意味になります。
  • 商品券や金券・・・「お金に困ってる人」という意味になります。しかし、商品券をもらって嬉しかったという声もあるようです。

定番のもの・贈って喜ばれるもの

定番のものとしては、ハム、食用油、飲み物、洗剤が挙げられます。

飲食するものや日用品など生活する上で必ず必要になるものであれば普通に喜ばれます。

普段自分では買わないけど、あれば便利なものなどもいいですね。

また感謝の気持ちを伝える上で大事なのは相手を喜ばせることなので、相手の好みや好きなものを知っておくといいです。

定番ではありますが、ビール、牛肉、ハム、洋菓子、そして季節感のある蟹など人気が高いです。

こう見ると日用消耗品よりは飲食できるものが喜ばれるのが分かります。

クリスマスやお正月シーズンですもんね。

お歳暮を贈る際のマナー

先程も書きましたが、お歳暮は本来贈る相手を直接訪問して贈るものでしたが、近年は配送が一般的になっているので失礼と取られることはなくなりました。

品物にはのし紙を添えましょう。

訪問して渡す場合は包装したものにのし紙を付ける外のし、配送の場合は品物にのし紙を付けてから包装する内のしを用います。

配送の場合は事前に挨拶状を送りましょう。

内容は日頃のお礼や近況報告、お歳暮を送ったことを伝えましょう。

何らかの事情で挨拶状が事前に送れなかった場合は、お歳暮と一緒に送っても問題ありません。

お礼状

お歳暮を頂いたら、お礼状を出しましょう。

お歳暮を頂いたからといって、お歳暮返しは必ずしなくてはいけないということではありません。

「私の方こそお世話になっています」という意味のお礼状を出しましょう。

もしお歳暮を贈るのが遅れてしまった場合は?

お歳暮は届くのが12月25日を過ぎると、遅れたと考えていいでしょう。

もし着くのが年内ギリギリになるようでしたら、内容をお正月向けの生鮮食品などに変えることをおすすめします。

年末なので、相手の在宅の確認や遅れたことのお詫びも忘れずに。

届くのが年内であれば、のし紙の表書はお歳暮のままです。

年が明けてしまう場合は、関東では1月7日の松の内までなら「お年賀」。

それ以降でしたら「寒中御見舞」としましょう。

関西の場合は1月15日までが「お年賀」、それ以降が「寒中御見舞」となります。

まとめ

12月は師走と言われるだけあって、いろんな行事や催し物が開かれ、バタバタ忙しくなりますが、それが生活に彩りを与えてもくれます。

お歳暮を贈って感謝の気持ちを伝えることで1年を振り返り、また新しい年を迎えるって素敵ですね。

みなさんの年末年始がとても充実したものになることをお祈りします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。