トレンドニュース
男性に葉酸の効果ってあるの?

男性に葉酸の効果ってあるの?


男性に葉酸の効果ってあるの?

女性だけでなく、男性にも必要と言われる葉酸。

男性が葉酸を摂取することで、不妊解消・病気のリスク低減などの効果を期待できます。

今回は、男性の葉酸効果について解説します。

SPONSOR LINK

不妊を解消する効果

妊娠は男性の精子の質・量にも大きく関係していますが、健康的な精子、質のいい精子を作るため葉酸が有効に働きます。

男性が積極的に葉酸を摂取することで、不妊を解消する効果が期待できます。

健康的な精子を作る

葉酸を取り入れると、傷ついた精子を減らすことができ、健康な精子をつくる手助けをしてくれることがわかっています。

不妊の原因【精子の数と運動能力】

造精機能障害という、精子の数が少ないことや精子の運動能力低下が考えられます。

少ない精子よりも多い方が妊娠の確率は少なからず高まります。しかし、精子がいくら多くても精子の運動能力が低下していると受精、着床につなげることはできないのです。

病院で造精機能障害と診断された場合、諦める必要はなく、葉酸を積極的に取り入れることで改善につながることもあります。

ちなみに、精子が全く作られない場合は無精子症と言われ、無精子症と診断された場合は葉酸摂取での改善は難しく、手術が必要になります。

不妊の原因【精子の質】

男性は無意識に作られる精子に関して、なかなか質の良さなどは気にすることはないと思いますが、

葉酸が造精機能を高めてくれる効果には、造精機能を高めるために必要な栄養素を葉酸が含んでいることにあります。

実は、男性の造精機能を高めるために必要な栄養素なのです。

葉酸を摂取すること造精機能を高めることができたら、体内の健康を保ちつつ、不妊症の原因解消効果、質のいい精子つくりが可能になるのです。

SPONSOR LINK

ダウン症リスク低減効果

近年ダウン症の発症率が高まっていることはご存知でしょうか?

ダウン症は染色体に異常が分かった時に診断されます。

原因は、妊娠中に活発に行われる胎児の細胞分裂が大きく関与していますが、それだけではありません。

男性の精子の異常にも原因があります。

アメリカの研究機関の発表では、男性が葉酸を摂取することで、精子の染色体異常が20〜30%軽減することが分かっています。

健康な男性であっても染色体異常の、奇形な赤ちゃんが生まれる確率は0ではありません。

そのためにも男性も女性と同じように葉酸の摂取を心がけないといけません。

葉酸を含む食べ物・飲み物・サプリの一覧ランキング!

病気の発症リスクを軽減

男性に葉酸の効果ってあるの?

男性は葉酸を体内にしっかり摂取することで、健康効果を高めることもできます。

健康効果というのは近年増える動脈硬化予防、そして死因第一位の発がんリスク軽減効果、ほかにもさまざまな効果が期待できますが、今回葉酸摂取からの健康効果については動脈硬化予防、発がんリスク軽減効果についてまとめます。

動脈硬化の予防

葉酸を取り入れることで動脈硬化の進行を進めるホモシステインという物質の低下効果が期待でき、葉酸の摂取から動脈硬化予防効果が期待できます。

動脈硬化とは、コレステロールや中性脂肪が動脈に溜まり、血液の流れが悪くなります。

ホースに詰まりが発症すると、水の流れは悪くなりますが、体内でも同じことが起きているということです。

動脈硬化は体内の栄養や酸素がうまく体内を循環できなくなるので、進行していくと死に至る狭心症や心筋梗塞、脳卒中などの原因になることもあります。

動脈硬化が進み発病する、狭心症や心筋梗塞。

血液の流れが悪くなり、心臓に必要な酸素や栄養が届かなくなります。

まず症状としては胸の痛みや息切れなどが現れますが、胸の痛みや息切れなどの症状は軽視しがちです。

しかし動脈硬化が原因で現れる胸の痛みなどの症状が現れたとき、病院では狭心症を疑います。

なかなか早期の段階で病院受診を意識する人は少ないと思いますが、そのまま放置していると、流れの悪い血液から血栓ができ完全に詰まりを発症させ、心筋梗塞を発病させてしまうのです。

心臓を流れる血管に大きな詰まりができる。

当然、血液の流れはさらに悪くなり死の危険は高まるのです。

脳卒中は脳の血管の血流障害から現れるさまざまな症状の総称です。

脳卒中もまた動脈硬化が原因になり、脳への血流の流れが悪くなることで発病します。

動脈硬化から脳卒中を発病すると、頭痛や耳鳴り、記憶力の低下などの初期症状が現われます。

やはりこのような初期症状も見逃しがちです。

そのまま動脈硬化が進行することで、脳への血流は完全に止まり、死の危険性が高まる脳出血を発病させてしまうこともあるのです。

このように見ていくといかに動脈硬化予防が必要になるかということがわかると思います。

動脈硬化予防は狭心症や心筋梗塞、脳卒中の予防にもつながります。

しかし知っておいてほしいことは年齢を重ねることで誰もが動脈硬化になるということです。

葉酸は動脈硬化の進行を進めるホモステインを、体内で無害にしてくれる効果があります。

ホモステインはアミノ酸の一種で、体内で正常に消化、吸収されていれば、体内に必要な物質となります。

しかし、代謝機能、消化機能が低下し異常が起こるとホモステインは体内で量が増え、動脈硬化を発症させる危険因子に変わってしまいます。

また、ホモステインは体内の物質を酸化させてしまう作用があり、動脈硬化の要因になるコレステロールも酸化させてしまうのです。

そこで、ホモステインを体内でしっかり消化、吸収させることが必要になるのですが、葉酸はホモステインを無害にする効果だけでなく、消化や吸収作用も円滑に行えるように手助けしてくれるということが分かっています。

他にも、動脈硬化予防のために必要なホモステインの消化、吸収の活動を手助けしてくれ栄養素にはビタミンB6、ビタミンB12も、同じ研究で効果が実証されています。

近年増える動脈硬化患者数。

動脈硬化予防のためには、取り入れられる軽めの運動は率先して取り入れることが大事ですが、動脈硬化の進行を進める原因になるホモステインの抑制効果のある葉酸をあわせて摂取してほしいのです。

発がんリスクの低下

日本の死因第一位といわれるがん予防にも効果が期待できる葉酸。

その理由は葉酸のDNA修復効果にあります。

がんの原因は予防できる生活習慣にあると言われていますが、生活のなかで乱れた習慣を繰り返すと体内の細胞は傷つきます。

細胞が傷つくことでさまざまな症状の要因になりますが、発がんリスクも高まります。
葉酸を体内に取り入れることで細胞の修復効果が期待できるので発がんリスク軽減効果は期待できます。

日本の死因第一位はがんです。
がんとは言え、胃がんや肺がんなどさまざまな部位でがんは発病します。
男性に知っておいてほしいことは、2014年に発表されているがん死亡者の男女の割合です。

2014年にがんで亡くなった方は368.103人という本当に大きな数字が出てきています。
男性の数は218.397人。
女性に比べると男性はがんで亡くなる方が多いことが分かります。

葉酸の摂取から期待できるがん予防効果の一つには葉酸のDNA修復効果です。

葉酸の働きにはもともと正しいDNAの生成や伝達、修復作用が備わっています。
DNAの合成に大きな役割を持つ葉酸は、体内で正常なDNA作りのためにホモステインを有効なアミノ酸に変換する作用があります。

しかし、葉酸が体内で不足することで体内にホモステインが増加し、正常なDNA作りを阻害してしまうのです。
正常にDNAが合成されないと、がん細胞が増殖してしまう原因にもなるのです。

そして、やはり葉酸の細胞分裂を助ける作用もがん予防効果につながります。
がん細胞は、細胞分裂中に異常が起こり作られます。
葉酸が不足すると、細胞分裂はうまく行われず異常が起こったがん細胞が増殖していきます。

胎児に必要と言われる正常な細胞分裂ですが、大人も危険ながん細胞を作らないために、正常な細胞分裂は欠かせないのです。

がん予防のためにも葉酸効果の重要性もわかると思います。
生活習慣も整え、今までの習慣から傷つけてしまった細胞の修復効果が期待できるのは葉酸。
また、普段からしっかり葉酸を体内に補うことで、正常な細胞分裂が体内で行われるので、がん予防が期待できるというわけです。

がんはさまざまな部位で起こる病気ですが、危険因子になるがん細胞を抑制させる効果が期待できる葉酸を取り入れることで、がん予防がおおきく期待できるのです。

葉酸の効果を体内でしっかり実感するためにも、取り入れられる習慣、変えられる習慣は見直し、そこに葉酸の効果を高めましょう。

まとめ

葉酸と聞くと、女性に必要な栄養素というイメージが強かったかもしれません。

しかし、葉酸の摂取からは男性の染色体異常軽減リスクの効果から不妊症改善効果、そして病気予防にも高い効果が期待できるのです。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。