役立つ3分
アンダーヘアを自宅でセルフ処理する方法

アンダーヘア(下の毛)を処理する方法


アンダーヘアを自宅でセルフ処理する方法

アンダーヘアの処理、あなたはどのように行っていますか。

  • カミソリ
  • 除毛クリーム
  • ヒートカッター
  • ワックス
  • 脱毛エステ

様々なムダ毛処理方法があり、迷ってしまっているのでは?

ここでは、具体的なアンダーヘアの処理方法を紹介していきます。

SPONSOR LINK

アンダーヘアの自己処理方法

カミソリ

カミソリ

画像参照元:ラヴィア ボディケアシリーズ iラインシェーバー ホワイト・5001-05

一番手軽に使えるのがカミソリです。

一度に広範囲が剃毛できるため、簡単に自己処理を済ませることができます。

最近では、アンダーヘアの自己処理用に適した専用カミソリも売られています。

Iライン、Vライン専用と言った部位に適した専門カミソリ(シェーバー)もあり、お洒落なデザインで携帯するにも恥ずかしくないのもメリットです。

カミソリでIラインを処理

カミソリでIラインを処理する場合には、鏡を見やすい角度で床に置き、鏡の上で膝を屈めたポーズをとって剃毛処理を行います。

ポイントはカミソリを持つ手と、処理する部位がよく確認できる状態で行うことです。

ヒップ側から前へとカミソリを少しずつ丁寧に動かして処理します。

ヒートカッターで処理

ヒートカッターで処理

ヒートカッターは、専用シェーバーの一つで熱の力で毛を切るタイプのアイテムです。

数ミリの長さにアンダーヘアを整えるなどが出来、カットした毛先が丸く処理されるので、後で触ってもチクチク感が無いのがメリットです。

除毛クリーム

除毛クリーム
除毛クリームはより簡単にアンダーヘアの自己処理が出来ます。

塗って、洗って、終了と言う手間があまりかからないセルフ処理です。ポイントはアフターケアで、保湿クリームなどで念入りに肌を労わって下さい。

除毛クリームは毛を溶かす作用があり、肌への刺激が強いので粘膜周辺の部位などは避けて使用するのがお勧めです。

脱毛ワックス

脱毛ワックス

海外セレブが行っているムダ毛の自己処理として話題になったワックスを使用する方法もあります。

とても粘着力が強い特徴のある脱毛用ワックスです。

アンダーヘアの気になる部分へワックスを塗り、剥がし取ります。自己処理で行う脱毛方法で、勿論毛根ごと毛穴からムダ毛を引き抜くため、次に毛が生えるまでに時間がかかり、処理するスパンが長くなり易い方法です。

自己処理は自分の好きな時に行えるのがメリットですが、デリケートゾーンゆえに自分に向いたケアが必要であり、形を整えて処理するなど手間もかかります。

自己処理が面倒ならミュゼや脱毛ラボでプロの施術を一度体験してみるのもお勧めです。

SPONSOR LINK

脱毛サロンでアンダーヘアを処理

アンダーヘアをカミソリやヒートカッターで剃毛し、除毛クリームやワックスなどの薬剤を使用して自己処理する以外には、脱毛サロンへ行く方法があります。

ミュゼや脱毛ラボなど評判のいいサロンでは、多くの女性がアンダーヘアの処理を受けています。

デリケートゾーンの部位を示すVライン、Iライン、Oラインがありますが、サロンではほぼ全ての部位に脱毛処理を施せます。

一般的に下腹からビキニライン、大腿部中央までがVラインの脱毛として処理する範囲です。

Iラインは内股部分の範囲で粘膜付近まで、Oラインはヒップ奥とも呼ばれ尾てい骨周辺から局部辺りまでが施術の範囲です。

Vラインや、Iラインは、比較的自己処理しやすい部位ですが、Oラインを上手に処理するには人の手が必要になります。

格安の部分脱毛ならミュゼ

ミュゼ

脱毛エステサロンを利用してアンダーヘア(下の毛)を処理する場合、一番安くできるのがミュゼです。

WEB申し込み限定のキャンペーンを利用することで、ワンコインでアンダーヘアを処理することができます。

ミュゼのワンコインで脱毛出来る理由、勧誘がない理由について書いてあります。
ミュゼの100円脱毛!

お試しでアンダーヘアだけを処理したい場合にはミュゼを使うのが良いですが、あくまで部分的に利用する場合です。

他の箇所を脱毛しようとすると、他サロンよりも高くなりますので注意が必要です。

それと、100円脱毛で勧誘がないのか?を気にする人がいますが、今のサロンでは勧誘は一切行っていません。

理由は、ネット上での評判が企業の売上に大きく影響してくるため、各社とも徹底して無理な勧誘をしないようにしています。

とにかく安く、試してみたい人はまずミュゼのカウンセリングを受けてみることをオススメします。

全身を処理したいなら脱毛ラボ

脱毛ラボ

全身脱毛専門の脱毛ラボ。

脱毛サロンでアンダーヘアを処理すると、以後の処理が楽になり、他の部位もやりたくなります。

次、次と別部位を個別で契約してやるよりも、全身脱毛を最初から選んでしまった方が安くなります。

脱毛ラボでは施術部位が48か所の全身脱毛の中に、デリケートゾーンが含まれています。

アンダーヘアの処理が初めからメニューに入っているので、個別に料金を支払う必要が無く、大手サロンの中では最も格安で施術を受けることができます。

脱毛ラボに実際に行ってみた体験レポートが詳しく書いてあります。
脱毛ラボ名古屋栄店の体験レビューと評価・口コミ

ミュゼと脱毛ラボが人気の理由

脱毛ラボやミュゼがデリケートゾーンの脱毛で人気が高い理由は、痛みが少ないことです。

両サロンが採用している脱毛機器は低刺激で安全性に定評のある医療機器メーカーのものです。

また脱毛を促すジェルを使用するなど無理な制毛処理をしないため、デリケートゾーンでも安心して施術が行えます。

個人差はありますが、痛いと感じるのはほんの一瞬で、私は痛いと言うより温かさに近い感じがしました。

アンダーヘアの処理は恥ずかしい

口コミなどで評価の高いミュゼや脱毛ラボは、痛みの少ないアンダーヘアの脱毛で人気を集めています。

プロの手で形の綺麗な状態に整えて貰うことが出来ます。

とは言え、初めての人はデリケートゾーンだから恥ずかしいと感じるのも仕方が無く、実際私もそうでした。

ミュゼ

ミュゼではアンダーヘアのお手入れの際には、紙ショーツを使用するなどの配慮がされています。

施術は、スタッフが紙ショーツを少しずつずらしながら脱毛を行うスタイルです。

このため処理をしている部位のみが見える状態になるなど、施術を受ける側が恥ずかしくない工夫がされています。

脱毛ラボ

脱毛ラボでは使用を選択できるよう、紙ショーツの販売を低価格で行っています。

脱毛ラボのスタッフは施術の手際が良く、終了まであっという間です。

最初は少しの抵抗があっても2回目になると、スタッフと楽しいトークをしながら施術を受けられる程に慣れてしまいます。

紙ショーツを購入する人の少なさが、脱毛ラボでのアンダーヘアの処理が恥ずかしくないと言う証拠です。

サロンへ行けない人の理由の多くが恥ずかしさのためだと考えられます。

サロンでは至って普通に相談に乗って貰え、施術中も気にならない工夫がされているのも大きな特徴です。

自己処理が難しいと感じる人には向いているかもしれません。

まとめ

アンダーヘアの処理方法は大きく分けて2つです。

  • 自宅で自己処理
  • 脱毛サロンでプロに任せる

あるアンケートによると、7割の女性が自己処理をしています。

その自己処理を行う7割の女性のうち、ほぼ100%の人がムダ毛処理を面倒だと感じています。

ずっと続けるのが面倒、難しいと感じたら一度プロに相談してみるのが良いでしょう。

今回ご紹介した、ミュゼ、脱毛ラボどちらも大手の優良サロンです。

勧誘などは一切なく、アンダーヘアのお悩みをカウンセリングしてくれます。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。