役立つ3分
映画「俺たちダンクシューター」のネタバレとあらすじ、解説はコチラ

映画「俺たちダンクシューター」のネタバレとあらすじ、解説はコチラ

映画「俺たちダンクシューター」のあらすじとキャストについてまとめています。

映画の詳細が知りたい人、アメリカのおバカ映画が好きな人におススメです。なお、内容にはネタバレが含まれます。

SPONSOR LINK

俺たちダンクシューター あらすじ(ネタバレ)

70年代に実在した「バスケットボール」リーグが題材

1970年代アメリカ。当時は2つのプロバスケットボールリーグがありました。

競技志向のNBAとエンターテインメント性重視のABA。一発屋の歌手ジャッキー・ムーンは、唯一のヒット曲「Love Me Sexy」の印税でABAのフリント・トロピックスを買収し、オーナー・監督・選手の3役をこなしています。

彼は試合そっちのけでパフォーマンスに力を入れていたため、チームは万年最下位で客席はガラガラ。さらに、NBAが経営不振のABAを吸収合併することを発表、上位4チーム以下は解散することが決定します。

ジャッキーは弱小チームのトロピックスを立て直すために、かつてNBAの名門チームに所属していたベテラン選手エド・モニックスを洗濯機とトレードでチームに加えます。

万年最下位チームの逆転劇

はじめは黒人選手クラレンスと一悶着あったりと問題もありましたが、エドが戦術面で監督の役割を果たして、“ELE=Everybody Love Everybody”を合言葉にチームはどんどん強くなります。

シーズン最終戦を控え、トロピックスはリーグ5位。最終戦で勝てば4位浮上で移籍が決まるはずが、NBA上層部から4位でもNBA入りを認めないと通告されてしまいます。

しかもチームの要クラレンスが、すでにNBA移籍が決定したスパーズにトレードされてしまいます。肩を落とす選手たちでしたが、チームは一致団結して試合に臨みます。

トロピックス最終戦の相手はスパーズ

格上相手に歯が立ちません。ジャッキーは試合中のラフプレーで失神してしまいます。

それを見たクラレンスは、スパーズのユニフォームを脱ぎ捨てトロピックスのメンバーとしてプレーします。ジャッキーは夢の中で、空中でボールをキャッチしてダンクする“アリウープ”をするようお告げを受けます。

ジャッキーは試合に戻り、アリウープをクラレンスにバンバン決めさせて点差を縮めます。

残り時間2秒でフリースローを獲得。

一本目はジャッキーがアンダースローで得点し、2本目は外れますが、エドがリバウンドを拾ってそのままアリウープを決めて逆転します。

劇的な逆転勝利をおさめたトロピックス。その後クラレンスはあらためてスパーズでプレーすることになり、ジャッキーはNBAの宣伝マンとして参加することになったのでした。

SPONSOR LINK

1960~70年代はプロバスケットリーグが2つあった

ABAは10年間実在したプロリーグ

フリント・トロピックスは架空のチームですが、ABA(American Basketball Association)は1960年代~1970年代にかけて10年間実在したプロリーグです。

最終シーズンに上位4チームがNBA(National Basketball Association)に吸収合併されたのも実話で、サンアントニオ・スパーズなどチーム名もすべて実名です。

なお、現在の北米男子独立プロリーグもABAですが、当時のリーグとは直接つながりはないようです。

3ポイントシュートはABA発祥

NBAと差別化を図るためにできたルールが3ポイントシュートです。

遠距離からのシュートに1点加えることで一発逆転して盛り上がる展開を増やすことが目的でした。

ただ、劇中であたかもジャッキーが生み出したかのように描かれているアリウープに関しては、1974年に当時大学生だったモンテ・トウとデイビッド・トンプソンという選手が編み出した技だと言われています。

日本では知名度イマイチのコメディ王ウィル・フェレル

主演のウィル・フェレルはアメリカ本国では知らぬ者はいないほど有名ですが、日本での認知度はそれほど高くありません。

アメリカの長寿番組「サタデー・ナイト・ライブ」(毎回有名ゲストを呼び、主に時事ネタや映画・ドラマのパロディで構成されるバラエティ番組)のレギュラーとして人気を博し、同番組を卒業後も主演映画の興行収入が1位になる実力派コメディアンなのです。

ちなみに、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスに顔が激似です。

「俺たち」シリーズって何?

ウィル・フェレルの主演作はタイトルに「俺たち」が入っているものが多いです。

この映画もしかり。原題は「Semi-Pro」で、ABAの呼称でもあります。

ではなぜ邦題が「俺たちダンクシューター」なのでしょうか。それは、この映画の1年前に公開されて全米で大ヒットした「俺たちフィギュアスケーター」にあやかっているからです。

ただ、ちょっとややこしいのですが、「俺たちフィギュアスケーター」自体も2004年全米公開の「俺たちニュースキャスター」にちなんで付けられた邦題です。

「俺たちフィギュアスケーター」以降、ウィル・フェレルの映画だけでなく、男性が主人公のコメディに「俺たち~」というタイトルがやたら付くようになりました。

おススメしたい「俺たち」映画

男性同士でフィギュアスケートのペアを組むトンデモ映画「俺たちフィギュアスケーター」と、ロンドンの敏腕警察官が左遷された田舎町で不気味な殺人事件の真相に迫るアクションコメディ「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」が私のお気に入りです。

アメリカの笑いが日本でウケないのはカルチャーギャップが原因?

これは個人的な意見ですが、アメリカのコメディが日本でなかなかヒットしない理由のひとつに、笑わせ方にカルチャーギャップがあるからだと思います。

アメリカは基本的にネタの対象となる人や物をからかったりして笑いを取るのに対し、日本は自虐的に笑いを取るタイプですから、攻撃的なアメリカンジョークは合わないのかもしれません。

おバカコメディの撮影裏側で起きた悲劇

劇中で、客寄せのために檻の中のクマと闘うシーンがあるのですが、撮影後にクマが調教師を噛み殺すという事故が起きてしまったそうです。

まとめ

ただのスポ根コメディかと思いきや、アメリカのプロバスケットボーリーグについて勉強できちゃう映画なんです。

サントラもファンクやディスコミュージック中心に、70年代の雰囲気たっぷりのラインナップになっています。

アメリカのコメディ映画はDVDスル―にすらならず日本で見ることができない作品が多数あるのがファンとしては悲しいところです。日本にもっとおバカ映画が浸透しますように!

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。