トレンドニュース
パラオ旅行の予算は?親日国なの?

パラオ旅行の予算は?親日国なの?


パラオ旅行の予算は?親日国なの?

南の島にバカンスに行きたい人必見!

奇跡の楽園パラオについてまとめました。

SPONSOR LINK


パラオってどこにあるの?基本情報は?

パラオ共和国は東京から約3,000km南にある太平洋上の島国です。

時差はなく、年間を通じて、高温多湿で温度変化が少ないのが特徴です。

一年中観光できますが、雨季の6~10月は台風が発生する時期なので注意しましょう。

⇒⇒⇒親日家の有名人は?台湾やトルコそしてパラオはなぜ親日?

コンチネンタル航空か日本航空で行くのが便利です。

コンチネンタル航空を利用する場合はグアムを経由しての乗り換えになります。

グアムまで約3時間、グアムからパラオまで約2時間のフライトです。

日本航空を利用する場合パラオまで約5時間の直行便で行く事ができます。

SPONSOR LINK

予算は?

最安値のツアーですと、13万円前後から行く事ができます。

新婚旅行などで行く場合、リゾート気分を味わいたい場合は、トータルで40万円くらいで行けるそうです。

詳しくはコチラ

格安の航空チケットを探す場合は「パラオ 格安 チケット」などで検索をしてみて下さい。

観光は?

パラオと言えば世界遺産に登録されたロックアイランドです。

コロール島の南西一帯にある大小300余りの島々をロックアイランドと呼びます。

ミルキーウェイと呼ばれるロックアイランドの海底に、年月を掛けて沈殿した不思議な白濁色の海。

海がまるで入浴剤を入れたような乳白色になっています。この泥が配合されたものが高級化粧品として販売されているほどんですので、みんなで真っ白になって記念写真をとってみてはいかがでしょう?

太平洋戦争の激戦地だったパラオでは、海の浅瀬にほぼ原形のまま沈んでいる当時のゼロ戦を見ることができます。

その他にも、カヤック、フィッシング、サーフィン、ダイビングを海のレジャーを満喫する事ができます。

パラオは親日国なの?

パラオは大変な親日国家として有名です、第一次大戦後に日本の委任統治領として、学校や病院、道路など各種インフラの整備を行い。

現在でも、日本から莫大な援助を受け道路等の施設を建設しています。パラオの国旗が日本の日の丸を模して作られた事はあまり知られていません。

その経緯についてこちらの動画が非常に分かりやすく説明をしていますので是非見て下さい。

台湾やトルコそしてパラオはなぜ親日

⇒⇒⇒親日家の有名人は?台湾やトルコそしてパラオはなぜ親日?

まとめ

歴史的に見ても、非常に日本と繋がりのある国パラオ。

観光として訪れた際にはぜひ、日本の歴史を振り返ってみてほしいです。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。