大人の中耳炎「症状」は頭痛・めまい?原因や治療について

ある時、ふいに耳の奥に不快感を感じた・・・これってもしかして中耳炎?

体調に気を付けていても、ふいに訪れることもある中耳炎の症状に戸惑ってしまいますよね。

治りにくい大人の中耳炎。

不快な症状を何とかしたい!悪化する前になんとかしたい!

その根本的な原因って何なのでしょう?どうすれば、素早く快適さを取り戻す事が出来るのでしょう?

中耳炎の不快感に耐えているあなた必見です。

SPONSOR LINK

大人の中耳炎「症状」は頭痛・めまい?

大人の中耳炎「症状」は頭痛・めまい?原因や治療について

手ごわい大人の中耳炎。

中耳炎と聞くと、子供がプールでなってしまったり、というイメージが浮かぶかも知れませんが、実は大人でも中耳炎の患者さんは非常に多いのです。

特に50代以降の患者さんの数が最も多いそうです。

中耳炎には大きく分けて2種類あります。

  • 急性中耳炎
  • 滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

●風邪などで発症する急性中耳炎

鼻水・頭痛・耳痛・めまいなどの症状。

●痛みを伴わない滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

難聴・耳のつまり感などの症状。

急性中耳炎は痛みを伴った症状が特徴ですが、中耳炎では痛みを伝える神経が共通しているため、頭痛を感じるようになっています。

なってしまうと特にやっかいなのが滲出性中耳炎ですが、この場合は鼓室に滲出液がたまってしまうため難聴になりやすく、痛みを伴わないため、つい放置しがちになります。

しかしそのまま放っておくと、次第に鼓膜が奥に引っ込んでしまい、更に進行すると「癒着性中耳炎(ゆちゃくせいちゅうじえん)」や「真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん)」になってしまい、手術が必要になります。

SPONSOR LINK

大人の中耳炎の原因や治療について

大人の中耳炎「症状」は頭痛・めまい?原因や治療について

中耳炎はもともとの体質と相まって、風邪などが引き金になって発症するケースも多く見受けられます。

今まで一度も中耳炎になった事がなくても、大人になり初めて発症するケースもあるのです。

急性中耳炎の原因

急性中耳炎の主な原因は、風邪などによる急激な体力の低下です。

滲出性中耳炎の原因

加齢

滲出性中耳炎の主な原因として「加齢」があげられます。

特に50~60代で多く、加齢により耳管の働きが低下する事が原因です。

また症状に痛みを伴わないことが多く、軽症で済む事が多いので、繰り返し発症する要因にもなっています。

過度のストレス

またどちらの場合の中耳炎にも共通する原因は「過度のストレス」とも言われています。

過度のストレスにより耳管の働きが弱まり、結果、普段なら平気な細菌でも、耳に入り込むと影響を受けてしまい、炎症を起こしてしまうのです。

過度のストレスや緊張などによる疲労の蓄積は免疫機能を低下させ、細菌の影響や炎症などを引き起こしやすくなってしまいます。

出来るだけ日々のストレスを発散させるようにしましょう。

SPONSOR LINK

急性中耳炎の治療法

抗生物質の服用により、1週間程度で治療が終わる事が多いです。

膿が溜まり切開手術を行った場合でも、3日ほどで鼓膜は再生します。

滲出性中耳炎の治療法

大人の中耳炎「症状」は頭痛・めまい?原因や治療について

治療法と時間

中耳に滲出液が溜まる「滲出性中耳炎」の場合は、鼓膜の切開をして、中に溜まった滲出液を出すのですが、急性中耳炎と違い、「耳の聞こえが悪い」などの症状は自然治癒になるため、治療に時間がかかる場合が多いです。

しかし同じ症状を何度も繰り返さないためにも、腰を据えてしっかり完治させることが大切です。

鼓膜の切開手術

鼓膜の切開手術と聞くと、何とも仰々しく恐ろしい感じがしますが、実際の切開手術は局部麻酔などしっかりと行いますので、必要以上に恐怖を感じる事なく、また当然痛みを感じることもなく行われます。

切開後は医師の指示に従い、安静に努めなければなりません。

暑い時期でもプールなどは避け、お風呂やシャンプーなどの際にも、耳に水が入ったりしないよう十分な注意が必要です。

まとめ

現代の私達の生活はストレスとは切っても切れない関係にありますが、そのストレスを見過ごしてしまう事は、思わぬ病気を引き起こす原因にもなってしまいます。

大したことないただの風邪だったり、疲れだったりしても、あなたの体は確実に悲鳴を上げています。

辛い症状が出てきたと感じたら、無理せず体の声に従って、いつもより睡眠を多めにとる、ゆっくりと体を休めるなど、自分自身を労わってあげて下さい。

そして自分では対処しきれない症状が現れた時は、速やかに医師の判断を仰いで早期治癒をされて下さいね。