専業主婦のキャッシングまとめ

急な出費でお金が足りなくなった時に便利なのが、キャッシング。

手軽に利用できるとは聞くけれど、仕事をしていない専業主婦でも借りれるの?

夫に内緒でキャッシングは出来るの?そんな不安や疑問が尽きませんね。

今回は、キャッシングが初めての主婦でも安心してお金を借りる方法を解説します。

SPONSOR LINK

専業主婦はどこでお金を借りる?

専業主婦はどこでお金を借りる?

銀行系カードローン

収入が無い専業主婦がお金を借りる方法は「銀行系カードローン」と「消費者金融での配偶者貸付」との2通りあります。

その2つのうちオススメなのは「銀行系カードローン」です。

消費者金融での配偶者貸付

後者の「消費者金融での配偶者貸付」は

  • 配偶者との婚姻関係を証明する書類が必要
  • 配偶者の同意書が必要
  • 大手消費者金融では配偶者貸付自体が無い

と面倒かつ不安要素が多く、オススメしません。

銀行系カードローン

その点「銀行系カードローン」は専業主婦でも本人だけで申込みが出来るのです。

銀行系だから審査が厳しそう…というイメージがあるようですが、そんなことはなく、勤務先の在籍なども不要な為家族にばれたりすることなく気軽に申し込めます。

「銀行系カードローン」の在籍確認は?

とにかく恐いのが、家族、特にご主人に借入や借入しようとしたことがバレてしまうことです。

在籍確認というと、職場に連絡して本当に働いているのかどうかを確認するイメージですが、専業主婦の場合は勤務先がありません。

ご主人の勤務先に連絡されてしまうのでは?という不安や心配があるのは当たり前です。

しかし銀行系カードローンにおいてご主人の勤務先への在籍確認は、一切ありません。

それは

・専業主婦でいられる時点でご主人の収入が安定しているとみなされる
・ご主人にバレてしまうことで、夫婦が不仲になってしまうと返済に問題が出てきてしまうから

なのです。

これらの理由により専業主婦の在籍確認は、自宅や携帯へ連絡して終了です。

自宅へ連絡する場合も社名でなく、個人名で連絡するのでまずバレることはありません。

それでもやはり心配!な方は申込みの前に担当者にきちんと「絶対に夫に内緒で!」と確認しておきましょう。納得するまできちんと説明してくれます。

そしてきちんと納得してから申込みをしましょう。

SPONSOR LINK

いくらくらい借りられる?

審査が通って融資をする段階で気になるのが金額です。

専業主婦の「銀行系カードローン」の場合は大体10万円から最高で50万円くらいの借入が出来ます。

平均的には30万円くらいで、収入証明なども不要なので手軽にできるところが特徴です。

他社の利用があると、10万円の利用可能額は少ないと感じる方もいるかもしれません。

しかし普通に生活していたら10万円使うことはまず無いですし、10万円稼ぐのはとても大変です。

そして半年くらい延滞せず、不足金なく入金を続けていくと、利用可能額が増える場合もあります。

ただし、利用可能額を増やす場合は再度審査が必要になってきます。

そのときに、引っ越しによる住所変更や電話番号の変更を届けていなかったり、他社件数が増えていたりすると、利用自体がストップになる場合もあるので要注意です。

変更事項は直ぐに連絡することを心掛けましょう。

消費者金融

収入のない専業主婦は消費者金融の利用が出来ません。

何故かというと、2010年に改正された「貸金業法」という貸金業者(消費者金融や信販会社、クレジットカード会社等が当てはまり、銀行や保険会社等は除く)の法律で、「総量規制」が導入されたからです。

この「総量規制」とは収入の3分の1以下しか借入ができないというものです。

貸金業者は、個人向け貸付けにおいて、年収等の3分の1を超える貸付けが原則禁止されました。

年収等とは、個人の年間の給与およびこれに類する定期的な収入の金額を合算した額のことです。
複数の貸金業者から借入れがある場合は、全て合算した金額が、年収等の3分の1を超えるかどうか審査します。
例えば、年収300万円の方に貸金業者が貸付けることができる金額は、100万円が上限となり、複数の貸金業者から借入れがある場合でも合計100万円が上限となります。
(ただし、総量規制の除外・例外となる貸付けもあります。)
年収等の3分の1を超える借入れがある場合は、貸金業者は原則として新たな貸付けを行いませんので、借入額が年収等の3分の1以下になるまで貸金業者からの借入れは制限されます。

参照元:総量規制の例示 | 貸金業法について

収入が「0円」の専業主婦は貸付の対象外になってしまうのです。

残念ながら安定した収入が無い専業主婦の方は消費者金融での利用が出来ないのです。

審査に通る人・通らない人

審査に通る人・通らない人

審査に通る人の特徴

申込みをして審査が始まり、審査に通る人の特徴として下記が当てはまります。

  • 申込みにウソが無い(誤字、脱字も当てはまります)
  • 希望金額が少ない
  • 他社の借入が少ない
  • 他社の借入で事故情報が無い
  • 他社に申込みをあまりしていない

審査は昔と違って今はシステム化されていて、申込みの内容(属性)を入力するだけでスコアリング(与信判断)が出てきます。

その時点で融資の可否と、金額が直ぐ算出されるのです。

特に消費者金融においては他社件数はもちろん、年収や雇用形態、勤務年数、保険証の種類、居住年数、等申込みの内容(属性)で審査が通ったり通らなかったりするのです。

審査に通らない人の特徴

逆に審査に通らない人の特徴です。

  • 嘘、偽りの申告をしている
  • 希望金額が多すぎる
  • 他社の借入が多い
  • 過去に他社で事故をおこしたり、クレジットの支払い等で長期延滞をした事があったり、携帯料金や公共料金の延滞をしたことがある
  • 一気に短期間で色々な他社に申込みをしている

他社件数は借入する会社の規定にもよりますが、専業主婦の「銀行系カードローン」においては他社件数は2件迄が限度と考えておくと良いでしょう。

これを超えてしまうと返済が難しくなるのでは?という懸念からまず審査は通りにくくなります。

特に自分を良く見せようと、わざと他社件数を少なく申告したり年収を多く申告したりすると悪い印象しか与えません。

というのは他社情報は「信用情報機関」に問い合わせをすることで直ぐにわかってしまうのです。

他社の社名まではわからなくとも、

・氏名
・生年月日
・住所
・電話番号
・他社での借入件数、金額
・最新利用日や入金日、次回支払日
・完済情報
・事故情報

等が記載されています。

これは申込みにあたって登録、問い合わせをする旨を必ず説明、確認してから行われます。

その為短期間で申込みを何件もすると問い合わせ件数が多いとして、融資をする方から見ると不安材料になります。

しかし申込みの問合せ件数においては約6ヶ月で削除されるので更に申込みをするのであれば半年くらい時間を置くと良いでしょう。

SPONSOR LINK

専業主婦が即日キャッシングするには

「銀行系カードローン」は時間がかかる?

急な出費にあたって悩んで悩んでキャッシングをするからには、なるべく直ぐに手元に欲しいものです。

ところが「銀行系カードローン」は即日融資が可能なところもありますが、その銀行の口座を持っている必要があります。

そうなると、申込みをして審査をして、口座を開いて…と1週間から1ヶ月もかかってしまう可能額があるのです。

即日融資をするなら「消費者金融」

そうなると「消費者金融」は申込みから借入までがとてもスピーディーです。

大体10分で利用の可否がわかり、早ければ30分から1時間で契約してカード発行まで出来たりもします。

店頭や無人機に来店すれば書類のやり取りも無く家族にばれたりする心配もありません。

ネックなのは「安定した収入があること」です。

専業主婦では審査は通らない…

しかし!主婦であってもパートやアルバイトをしていれば申込みは出来るので少しでも時間に余裕があれば、金銭的な余裕もでき、返済も楽になるので働きに出るのもオススメです。

まとめ

借入は出来ればしたくないのが本心ですが、とっさに利用できるカードがあるのと無いのでは心の余裕が違ってきます。

しかもキャッシングのATMは手数料がかからないので、銀行のATMを使うよりお得な場合もあります。

ポイントとしては借入は貯金ではありません。

あくまで借金なので返済計画を立ててうまく付き合いましょう。