トレンドニュース
デート代・5万円を借りる方法【即日でお金を借りたい】

デート代・5万円を借りる方法【即日でお金を借りたい】

明日は彼女との大切なデート!!

何だか良い感じに盛り上がりそうな雰囲気が・・・

ぜったいに決める!!

だけどそんな時に限ってデート代がない!!

肝心な時に限って財布の中身が足りないなんてことは起こりうるものです。

今回は年代別のデート費用の平均をご紹介しながら、最後にあなたのお財布のお悩みにばっちりお答えします。

即日ですぐにお金を借りれる方法を知りたいというあなたのために3つの選択肢をご用意!!

3つの中で一番おすすめな「即日でデート代5万円を借りる方法」を最後にご紹介します。

気になるデート費用の平均

一般的な20代の社会人のデート費用は一ヶ月に2万~5万円のようです。

ただし予算2万円では遠出のデートや豪華なディナー付きデートプランなどはむずかしいです。

逆に予算が5万円ほどあれば、20代のデートならかなり充実したデートを楽しむことができるでしょう。

お金のかからないデートばかりだと・・・

いつも見栄を張ったデートばかりでは、いづれ自分のクビを締めることになるでしょう。

できればデート代を安くあげたいという気持ちはよくわります。

かといって自宅デートやカラオケばかりでは彼女は飽きてしまいます。

また、安いデートばかりではあなたとの付き合いに疑問を持つかもしれません。

女性は男性が自分をどのように扱うかにとても敏感な生き物だからです。

「私ってその程度の扱いの女ってこと?」
「ケチの男と付き合っちゃったなぁ」

こんな風に思われたくはありませんよね。

アラサー~30代以上のデート費用の平均

デート代・5万円を借りる方法【即日でお金を借りたい】

30代以上のデート費用の平均はガラッと変わります。

5万円がスタートラインです。

30代になれば役職につき、収入も上がって生活が安定します。

いろんなデートを重ねてきて、デート自体にも慣れてきたころです。

もっとおしゃれなお店に行きたい、より格式の高いものを買いたいというカップルが増えます。

この世代でデート代を安くと思うのは避けるべきです。

とくに女性は若いころから年上の男性と付き合って目が肥えている可能性があります。

今までは20代だったから許してくれていたデート代も、30代になってもそのままでは愛想をつかされるかもしれません。

給料日前でお金が無い時はどうする?

そうは言ってもいろんな事情があってお金が無い時だってあります。

こんな時はどうやって乗り切るのが良いでしょうか。

誰かにお金を借りるのが一番確実で早いです。

5万円くらいのお金をすぐに借りるのには3つの方法があります。

  • 家族から借りる
  • 友達から借りる
  • キャッシング(消費者金融)から借りる

この中でもっともおすすめの方法はどれなのでしょうか。

家族からお金を借りるのは?

家族から借りるのは現実的には難しいのではないでしょうか。金額が大きく、使い道を聞かれた時の説明がしづらいからです。

ポンと貸すには5万円は高いと感じる人が多いはずです。

デート代という使い道に納得して5万円も貸す人は少ないでしょう。

家で顔を合わせるたびに借りたデート代のことを催促されるのもわずらわしいですね。

ですから家族から借りるのはおすすめできません。

友達からお金を借りるのは?

友達から借りることはもっともおすすめしません。

家族同様、気軽に貸せる金額ではないです。

また金銭トラブルに発展して友人と信用を失うリスクが非常に高いです。

そもそもデート代のために5万円もあなたに貸すなら、自分の彼女か自分の為に使いたいと思うのではないでしょうか。

そして、デート代を友人から借りようとするあなたの人間性はきっと疑われることでしょう。

もし返済期日に間に合わなかった時は、信用を大きく落としたりトラブルになるでしょう。

友人関係にヒビが入るリスクを背負ってまでデート代を借りることはおすすめできません。

キャッシング(消費者金融)で借りるのは?

デート代を借りるならキャッシング(消費者金融)が一番おすすめです。

借入としては少額だし、必要な時にすぐに借りられるのが強みだからです。

家族や友人からの借金にしては、5万円という金額は大きいと感じる人が多いはずです。

ですがこれが金融機関の融資になると、借入額が50万円以下なら少額借入扱いになってしまいます。

また銀行でお金を借りるのとは違い、キャッシングなら即日融資が受けられます。

大手の消費者金融のなかにはネットやスマホからの手続きだけで申込みから借入までできる会社もあるほどです。

たとえば消費者金融最大手のプロミスは、スマホからの入力だけで申込みから審査・借入までが完了してしまいます。

返済や借入もコンビニATMから出来るので簡単で便利です。

消費者金融で借りるデメリットは?

消費者金融に対するデメリットとして、次の3つが考えられます。

  • 消費者金融って不安
  • デート代のために金利を払うのはもったいない
  • いくらすぐと言っても手続きが面倒

消費者金融って不安

今の消費者金融に昔のイメージや不安はあてはまりません。

大手の消費者金融ならメガバンク系グループに属しているからです。つまり、安心感も信頼度も銀行系カードローンと変わらないからです。

  • プロミスやモビットは三井住友フィナンシャルグループ
  • アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社
  • レイクとノーローンは新生銀行グループ

銀行系グループに入らずに今も独立でやっているのはアイフルくらいです。

安心感があって信頼できるところから借りたいのであれば、メガバンク系グループの消費者金融を選べば良いでしょう。

デート代のために金利を払うのはもったいない

大手の消費者金融であれば、金利を払わないですむ方法があります。

無利息サービスを利用する方法です。

ほとんどの大手消費者金融はキャッシングに30日間無利息サービスを付けています。

つまり30日以内に返済してしまえば金利を払わずにすみます。

5万円程度であれば、うまくやりくりすれば30日以内に返済することも十分可能ではないでしょうか。

即日審査・即日借入が可能

消費者金融のキャッシングほど手続きが簡単な金融機関はほかにありません。

借入金額が50万円以下なら、手続きで一番面倒な書類の準備が簡単だからです。

50万円以下の少額借入なら収入証明が不要です。

審査も最短30分で完了します。

最速だと1時間後には融資実行が可能になります。

プロミスのようにスマホからすべての手続きが完了できるサービスもあります。

だから手続きが面倒と考える必要はありません。

5万円程度を急ぎで借りるならキャッシング(消費者金融)が一番ラクで早いのでおすすめです。

まとめ

  • 20代のデート費用の平均は2万円~5万円
  • 30代以上のデート費用の平均は最低5万円以上~
  • デート代がどうしても足りない時は借りるしかない
  • 家族から借りるには5万円は金額が大きく、デート代という名目も受け入れられないので難しい
  • 友人から借りるのは金銭トラブルのもと
  • キャッシング(消費者金融)から借りるのがおすすめ

デート代はあなたの遊び、娯楽のお金になります。

そんな娯楽代のために借金をするのは、あまりおすすめはできません。

でも、彼女との付き合いの中でどうしても奮発したいという時もあると思います。

家族や友人から5万円を借りるのは、人間関係や信用に傷が付きかねません。

キャッシング(消費者金融)とうまく付き合うことで、あなたの恋愛をより良いものに出来れば素敵ですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。