トレンドニュース
体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?

体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?


体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?

最近体重が増加気味!体脂肪もとんでもないことになってきた!

見た目の変化もさることながら、健康にも悪影響がある体脂肪率の増加。

なんとかしたい!体脂肪を本気でどうにかしたい方必見です。

SPONSOR LINK

体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?

「体脂肪」近頃頻繁に耳にする機会も多くなりましが、そもそも体脂肪とは、お腹周りについた中性脂肪と呼ばれるものが体内で沢山溜まり変化して「体脂肪」と呼ばれるようになったもの。

その働きは中性脂肪と同じで、燃焼し体のエネルギーとして活躍します。その一方燃焼しきれなかった体脂肪は体の中に残る事となり、いわゆる「肥満」と呼ばれる状態になってしまいます。

特に年齢を重ねると体脂肪も溜まりやすくなり、ボディラインにも変化が出てきたり、何より心配なのが健康への悪影響だったりしますよね。見た目にも体的にも過度の体脂肪を溜めこむ事は百害あって一利なしですよね。

かくいう私も、現在はなんとか体脂肪率が正常値にあるものの、日頃の不摂生や運動不足により確実に「肥満」ゾーンへ向かいつつありますので、今回の体脂肪減少については本当に率気合を入れて調べてみました(笑)

体脂肪率は健康へのバロメーター

出来る事なら目を背けてしまいたい自分自身の体脂肪率。

ですが体脂肪率を正しく測定することは、自分自身の健康のバロメーターになってくれるのです。

体脂肪率は、体重1㎏あたりに何㎏の脂肪がついているかを百分率で表したものですがその結果により現在のおおよその健康状態を知る事が出来ます。

また、現在の状態を続けて行くことで未来の状態の予測も可能にしてくれます。

最近では手頃なお値段で自宅に居ながら手軽に体脂肪率が測定出来る体脂肪計も数多くありますので、身近に置いておくのも良いでしょう。

SPONSOR LINK

体脂肪を減らす方法

体脂肪を減らす方法としてさまざまなものがありますが、継続すると効果のありそうな方法をご紹介します。

食事回数は減らさない

体脂肪を減らそうと食事の回数を減らしてしまうと、筋肉量が減ってしまいます。

結果、基礎代謝が下がってしまい、体脂肪の減少には至らなくなってしまいます。

食事を減らす代わりにきちんと食べて、ウォーキングなどの有酸素運動するのが良いですね。

筋肉をつける

筋トレなどで筋肉量が増えると、脂肪が燃えやすくなります。

特にインナーマッスルと呼ばれる体の奥深くにある筋肉を鍛えると脂肪燃焼の効果がアップします。

わざわざジムなどに出向かなくても、自宅でゆったりと出来る筋トレ方法もありますので参考にされてみて下さい。

高濃度茶カテキンを摂る

茶カテキンとは、緑茶葉に含まれるポリフェノールの一種。

この高濃度茶カテキンを継続的に摂取することで脂肪を燃やす体内酵素を増やすことが出来、脂肪の燃焼力を高める事が出来るのです。

飲むだけなので手軽に続ける事が出来ますね。

体脂肪を減らすサプリメントランキング

体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?

オススメ1位「花菜(はんな)三黒の美酢(さんごくのみず)」

オススメ度★★★★☆星4つ

他のものと比べても、有効成分で群を抜く黒酢サプリ。「ダイエット」や、「生活習慣病」、「疲労回復」にも適しております。「黒酢もろみ」をはじめ、「黒にんにく」、「黒卵黄油」を原料にする黒酢サプリメント。

「アミノ酸」や「レシチン」を豊富に含んでいて、硬くなった血管を柔らかくしてくれますし、溜まったコレステロールを溶かしれくれます。

血液サラサラ効果のある特許成分『DHA・EPA』でカプセルを製造しているので、他社のカプセルと比べて、高い健康効果を発揮してくれます。もしも、効果に満足いかない場合には、「15日間の全額返金保証」がありますので、はじめての方でもご安心して試してみることができます。

↓↓詳細はこちら
特別モニター募集中!三黒の美酢

オススメ2位「VCOサプリメント」

オススメ度★★★☆☆星3つ


ヴァージンココナッツオイルのサプリメントです。多くのハリウッドスターや、スーパーモデルが愛用していることで、話題となり、今ではテレビでも良く取り上げられています。

↓↓詳細はこちら
VCOサプリメント(美容・ダイエット)

体脂肪の算出方法(おまけ)

体脂肪を減らすには食事?筋トレ運動?お茶?サプリメント?

自分の体に一体どのくらいの体脂肪があるんだろう?

気になりますよね。

自分自身の体脂肪はいわゆる「体脂肪率」で表される事になります。

【体脂肪率計算】

・肥満度(BMI)=体重(㎏)÷身長(m)÷身長(m)

【男性基準値】

・30歳未満 14~20%:適正値 25%以上:肥満
・30歳以上 17~23%:適正値 25%以上:肥満

【女性基準値】

・30歳未満 17~24%:適正値 30%以上:肥満
・30歳以上 20~27%:適正値 30%以上:肥満

上記が体脂肪率の基準値となりますが、同じ背丈、体重の人でも体脂肪率が異なる場合もありますので、基準はあくまでも目安としてお考えください。

まとめ

色々調べてみて改めて思いましたが、体脂肪を減少させるためには、適度な運動は欠かせないですね。

それは歩くでも、上記のようなゆるやかスクワットでも、その人に合った続けやすい運動が前提ですが、適度な運動を取りいれたうえで、カテキンやサプリメントを摂取すると相乗効果抜群だと思います。

体脂肪が気になるあなた、健康のために頑張りましょう!

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。