トレンドニュース
日本とは真逆!オーストラリアの真夏のクリスマス

日本とは真逆!オーストラリアの真夏のクリスマス

サーフィンをしているサンタクロースのイラストを見たことはありませんか?実はこのサンタクロース、オーストラリアでよく見かける姿なのです。

オーストラリアは日本とは季節が対称的で、日本で雪のクリスマスを楽しんでいる頃、オーストラリアでは真夏のクリスマスを楽しんでいるのです。そんなオーストラリア人の真夏のクリスマスの過ごし方についていろいろご紹介します。

SPONSOR LINK

真夏のオーストラリア

オーストラリアという国は世界で6番目に大きくコアラやカンガルーが多くいることで有名な場所です。日本の人たちにとってはシドニーケアンズといった都市が有名ですが、オーストラリアの首都はキャンベラという場所です。

日本も然り、地球の上半分に存在している国々ではクリスマスの時期といえば冬なのですが、オーストラリアをはじめとする地球の下半分の南半球では季節は真夏なのです。

12月に入ると子供たちは夏休みの真最中のようで、友達や家族へのクリスマスプレゼントの買い出しで大忙しのようです。オーストラリアをはじめとした英語圏の国では、なによりも家族や親戚と過ごす大切な日とされています。

企業もクリスマスモードになって、クリスマス前に仕事納めの会社もあるほどです。日本でいうお正月休みのような感じです。

レストランでは、昼間の時間帯だけ予約制でお店をオープンさせている所があるようです。

クリスマスにBBQ

オーストラリアのクリスマスはビーチに集まって海で泳いだり、プールで遊んだりします。この時期になるとビーチでは、サンタクロースの恰好をしたサーファーが多数見受けられます。

真夏ということもあり、夏にぴったりなビーチでのバーベキューも流行っています。メイン料理はお肉を使ったメニューが多く、それぞれ自家製のソースやスイートチリソースをかけて食べるのがオーストラリア流とか。近年では涼しげな食材として、シーフードやお刺し身、生牡蠣などをチョイスするのがトレンドで、新鮮な魚介を求めてフィッシュマーケットには長蛇の列ができるそうです。

またショップの営業時間を延長して深夜までやっている所もあるそうで、消費者にとっては大事な食材を揃えることができるので、ありがたいようです。

街の様子

また街の公衆広場では、クリスマス限定で移動式遊園地が出現するところもあって、様々なアトラクションを楽しむことができます。他にも地元の学生によるキャロルやダンスなどといったパフォーマンスが展開され、参加者は持ち寄った食事やドリンクを楽しみながら催し物を見物し、ゆっくりと過ごすことができます。

イベントの最後には打ち上げ花火が上がったりし、華やかな演出もみられます。オーストラリアでは昼の時間帯がとても長く、12月の平均日没時間は夜の8時前後ですので、クリスマスイルミネーションが綺麗に見れるのは夜の遅い時間になってしまうそうです。

ボクシング・デー

クリスマス翌日には、12月26日にボクシング・デーという休暇があります。この日ができた逸話として、教会が貧しい人へ寄付するために置かれたクリスマス・ボックスを開ける日という話と、クリスマスに一生懸命働いた人たちに休暇をあげ、ボーナスをボックスに入れて渡した日という2つがあります。

この日は大型デパートやショッピングセンターで、1年に1度の大売り出しをする日となっています。日本の年明けバーゲンセールとちょっと似ていますね。

普段安くならないような商品の値段まで下がるということもあって、早朝からバーゲン品を求めて長蛇の列ができます。

SPONSOR LINK

オーストラリアのクリスマス

日本とは真逆!オーストラリアの真夏のクリスマス

食べ物について

オーストラリアでは、ひと昔前までは北欧のクリスマスと同じように、メインディッシュとしてロースされた七面鳥や温かいスープなどが食卓に並んでいたようです。しかし、最近では夏に合った冷たい料理や野外バーベキューを楽しみながらクリスマスを過ごしているようです。

やはり真夏なので、オーストラリアならではの形に変化していったようです。他にもスイカなどの熱帯地域のフルーツの盛り合わせやババロア、冷たくキンキンに冷えたアイスクリームケーキなども人気を呼んでいます。

かつてオーストラリアはイギリスの植民地であったこともあり、イギリス文化が色濃く残っているため、デザートのほとんどはイギリス流です。クリスマスケーキは、冷暗所でひと月ほど熟成させるイギリスタイプのものが主流になっています。

またキリスト教信者の多いオーストラリアでは、クリスマス当日の25日はお酒の販売が禁止されているそうです。ですから、お酒を買いたい人は24日までには買い出しに行っておくそうです。

夜にクリスマスディナーを食しながらパーティーをする人も多いのですが、近年ではクリスマスランチが王道で、太陽の出ている昼のうちにお祝いするパターンが主流になりつつあります。

クリスマスツリー

クリスマスツリーは松やユーカリの木に装飾をするため、オーストラリアでは各々の家庭の庭で鉢植えの木を植えて育てている所が多いようです。

オーナメントは青や白、オレンジといった寒色系のカラーが人気です。北欧では主流な雪のモチーフはあまり飾らず、ヒトデや貝殻、ヨットやビーチサンダルといった海にまつわるものを飾ることが多いようです。ヒトデは星に形が似ているので、ツリーにもよく合いそうですね。

クリスマスプレゼント

オーストラリアでは、クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントをクリスマスの12月25日の朝、家族一斉に開けるのが主流となっています。

またプレゼントはサンタクロースからだけではなく、親や親戚、友人などからもらう習慣があり、子供達にとっては大勢の人からプレゼントをもらうことができるので、とてもうれしい一大イベントなのです。また、大人同士もプレゼントをそれぞれ持ち寄って、交換するイベントも人気があるようです。

サンタクロース

真夏のサンタクロースは北欧とほとんど同じ恰好で、基本的には赤い衣装を着用していています。しかしイベントなどで登場してくるサンタクロースは、赤い半袖と半ズボンの上下セットの衣装で、頭には赤い帽子を身に着けています。

ビーチに登場するサンタは赤と白のウェットスーツ姿のようです。サンタクロースとプレゼントを乗せた船を、赤色のパンツを履いた白いカンガルーがサーフボードに乗って運んでくるというのが、オーストラリアの特徴です。

タウン

クリスマスになると、街は巨大なサンタクロースの風船が立ち並んだり、建物の壁面にクリスマスがテーマの映像が投影されたりしています。週末にはクリスマスコンサートなどもあちこちの公衆広場で開かれ、大勢の民衆でにぎわいを見せています。

クリスマス当日の25日はお店はクローズされ、従業員の方々も、家族と一緒にクリスマスをお祝いするようです。ホームパーティーがオーストラリアでは主流ですが、午前中と夜で違うパーティーに参加する、いわゆるパーティーのはしごをしてクリスマスを過ごす人が多いようです。

まとめ

オーストラリアのクリスマスは真夏ということで、日本とは全く違う過ごし方で驚いた方も多いのではないでしょうか。季節が違えば、食事やクリスマスツリーなどといった装いも全く違うものになるのですね。

特にサンタクロースの恰好がウェットスーツや半袖半ズボン姿というのは日本人にとっては目新しく面白いものです。一度、クリスマスにオーストラリアへ行って、真夏のクリスマスを体験してみるのも面白そうですね!

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。