役立つ3分
評判のAGA治療!おすすめ病院の費用はいくら?

評判のAGA治療!おすすめ病院の費用はいくら?


評判のAGA治療!おすすめ病院の費用はいくら?

市販されている育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントではAGA(ハゲ)は治らない。

「あれ?なんだか生え際が後退してる?」
「俺ってこんなに地肌見えてたっけ?」

薄毛に気付いた時には、もうすでにAGA(ハゲ)は進行しているという事実をご存知ですか?

成人男性の3人に1人がAGA予備軍と呼ばれています。

しかし、正しい知識を持ってハゲ治療を行っているのは、わずか15%に過ぎません。

根拠のない育毛効果を謳う商品メーカーに騙されて効果のない育毛シャンプーを使い続けている人。

早期のうちに正しいAGA治療を行えば、高い確率で発毛が期待できます。

「何を使っても効果が出ない」そう嘆いて次の育毛商品に手を出す前に、この記事をしっかりと読んで頂きたい。

評判のAGA治療クリニック【料金】に飛ぶ(下に飛びます)

AGA(エージーエー)とは?

評判のAGA治療!おすすめ病院の費用はいくら?

一度発症すると進行し続けるAGA

AGAとはAndroGenetic Alopecia(アンドロジェネティック・アロペシア)の略で、「男性型脱毛症」です。

英語表記だとたいそうな病名に見えますが、要するに「若ハゲ」ってことです。

AGAはだいたい20代後半~発症し、何の治療も行わなければゆっくりと進行し続ける脱毛症です。

自身の頭髪の変化に気付いた時には、既にAGAが進行している状態なのです。

日本におけるAGAの発症率は、成人男性全体の約30%。

3~4人に1人の割合で発症していて、年齢別の発症率を見ると、年齢が上がるにつれ高確率で発症しています。

AGAの発症率

なお、男性における薄毛や抜け毛といった症状の約9割がAGAによるものであると言われています。

もし、最近シャンプー時の抜け毛が気になったり、髪のボリュームに変化を感じた方は、AGAを疑ってみる必要があります。

AGAの3つの進行パターン

AGAを発症した場合、ハゲ方には主に3つの種類があります。

AGAの進行パターン

上では、主な3つの進行パターンを紹介しましたが、これらが合わさった複合型という進行パターンもあります。

複合型の場合、例えばM字型とO字型を同時に発症する、といったような具合です。

なお、このAGA進行パターンをステージ別に分類した「ハミルトン・ノーウッド分類」というものがあります。

これは、米国の医師ハミルトンがAGAの研究結果を元に作ったものですが、元々の分類図が少しわかりにくいため、簡単に表した図を載せておきます。

自身のハゲ進行ステージを知る際に参考にしてください。

自身のハゲ進行ステージ

ちなみに、進行ステージによっては治療自体が望めず、植毛やカツラなどの対処療法になることもあるので注意してください。

通常のAGA治療によって高い効果が得られるのは、上記分類図の中期までとされています。

早期に治療すればするほど、発毛効果も大きいことも覚えておきましょう。

AGAの根本原因

では、なぜ多くの男性がAGAという脱毛症に頭を悩ませることになってしまうのか。

よく知られているAGAの原因と言えば「遺伝」と「男性ホルモン」ですが、それは根本原因ではありません。

AGAの根本的な原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)を多く作る体質」です。

DHT(ジヒドロテストステロン)

このDHT(ジヒドロテストステロン)という物質は、毛髪のヘアサイクルを乱し過剰な抜け毛を引き起こします。

DHTはもともと「HT(テストステロン)」という髪には無害な男性ホルモンなのですが、5αリダクターゼという酵素と出会った途端に、抜け毛を引き起こすDHTに変身します。

この5αリダクターゼは誰の頭皮にも存在しますが、生まれつき5αリダクターゼを多く生成する人がいます。

それがAGAになりやすい人です。

よく言われるハゲの遺伝は、DHTを多く作る体質を受け継ぐ、という意味では正しいと言えます。

つまり、AGAになるか否かは、残念ながら生まれつきの運なのです。

しかし、ここで肩を落とさないでください!

AGA(はげ)は治すことができます。

上で説明した抜け毛を引き起こすDHTを抑制し、かつ発毛を促せば良いのです。

逆を言うと、DHTを抑制できなければAGAは治らない。

AGA治療において効果が立証されている薬は、今のところ2つの成分のみです。

プロペシアを代表とするフィナステリド系の内服薬、もしくはリアップを代表とするミノキシジル系の内服・外用薬の2種類です。

上記2成分を含有していない商品、いわゆる市販されている育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントではAGAは治らない。

大事なことなので、もう一度書きます。

プロペシア、ミノキシジルが含まれていない育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントではハゲは治りません。

後で詳しく説明しますが、AGA治療は病院(クリニック)でしか高い効果は得られないと思ってください。

ドラッグストアなどで売られている血行促進を謳う育毛剤や頭皮環境を整えるシャンプーなどはもちろん、DHTを抑制したりはしないし、高い発毛効果も期待できません。

これをしっかりと覚えておいて欲しいです。

では、具体的な治療方法について説明します。

AGA治療の種類と効果

AGA治療の種類と効果

AGA治療には4つの種類がある!

AGAの治療にはいくつかの種類があり、その効果も治療方法によって異なります。

AGA治療として一般的なのは、下の表(1)と(2)の内服・外用薬治療です。

AGA治療の種類

先ほど、説明したようにAGAを治すには原因物質DHTを抑制し、かつ発毛を促すしかありません。

発毛を促す意味での血行促進を目的とした育毛剤も多く市販されています。

しかし、高い効果が立証され医薬品指定されているのは

・ミノキシジル
・プロペシア

この2つだけです。

では、効果が立証されている(1)~(4)のAGA治療のうち、一体どの治療方法を選べば良いのか。

次の項目で詳しくみていきます。

どのAGA治療が良い?メリット&デメリット

AGA治療には4つの種類があると説明しましたが、それぞれにメリット&デメリットが存在します。

プロペシア(フィナステリド)の副作用については、耳にしたことがある人も多いでしょう。

AGA治療のメリット&デメリット

AGA治療において必ず知っておきたいのが、(1)【ミノキシジル・プロペシア】の副作用です。

性欲減退の可能性があるため、子作りを急いでいる時には主治医に相談の上服用を検討してください。

ただし、プロペシア(フィナステリド)の代表的な副作用である精力減退を発症する割合は1%程度と決して多くはありません。

よくプロペシアの恐ろしさを訴えるサイトを見かけますが、それは効果の立証されていない市販の育毛剤やシャンプーなどを購入させるための手口です。

また、日本で処方されるフィナステリドの配合量は決まっていて、安全性に配慮しています。

少し話は逸れますが、妊婦が妊娠中にプロペシアに接触・又は服用すると、胎児の発達過程で影響を及ぼす可能性があるそうです。妊娠中の妻を持つご主人は、机の上にプロペシアを出しっぱなし・・・なんてことのないよう、気を付けて欲ください。※子作り中に男性側がプロペシアを服用する分には、胎児への影響は心配ないそうです。

AGA治療の選び方

上で紹介したAGAに効果の高い(1)~(4)の治療方法のうち、どれを選択して治療を行えばよいのか。

それは一人ひとりが求める結果によって異なります。

・できるだけ手軽にかつしっかりと治療したい人は(1)(2)の内服・外用治療。

・多少高額でも早く結果を出したい人は(3)の成長因子注入。

・とにかく明日にでもハゲをどうにかしたい!という人は(4)の植毛手術。

といったように自分がどんな結果を求めるかによって選択肢が変わってきます。

ちなみに、AGA治療は全て医療保険対象外です。

AGAの治療目的が整形などと同じく「見た目」を改善するものであるため、高額な治療を行い治療費が10万円を超えたとしても、高額療養費や医療控除の対象とはなりません。

ですので、金銭面と効果の両面を考慮すると(1)(2)の内服・外用治療がベストです。

AGA治療薬は確かなものを

ここで一つ注意点があります。

最近、よくネット上で海外製のプロペシアやミノキシジルタブレットが販売されているのを見かけます。

確かに病院に行く手間もなく価格も安価なのですが大きなリスクも伴います。

例えば、単純に薬そのものが偽物であったり、中身は本物でも日本で認可されている指定量を越えて作られていたりと、その安全性にも大きな問題があります。

何でできているのかわからないような治療薬を自分の身体に入れるリスクは大きすぎます。

値段の差と言っても月に2~3千円くらいのものだからこそ、きちんと病院(クリニック)で処方された治療薬を使うべきです。

病院(クリニック)でのAGA治療

一般病院or専門クリニック?AGA治療の違い

一般病院or専門クリニック?AGA治療の違い

繰り返しになるが、病院(クリニック)でのAGA治療しか効果は望めません。

AGAに効果がある薬剤(プロペシアやミノキシジル)は、病院でないと処方できないからです。

では、AGA治療を行っている病院(クリニック)について詳しく説明していきます。

AGA治療を受けることができる病院は、主に2種類です。

一般の皮膚科や内科が設けているAGA外来と、AGAを専門としたクリニックでです。

AGA治療の病院を選ぶ重要なポイント

皮膚科や内科などの一般病院では、AGAの進行を食い止める治療しかできません!

つまり、現状維持の治療であり毛が増えることはない、ということです。

それに対して、AGA専門のクリニックでは、進行を止め、かつ発毛する治療を同時に受けられます。

他にも血液検査の有無などの違いもあるので、下の比較一覧を参考にしてください。

病院(クリニック)でのAGA治療の違い

※上の表はあくまで一般例によって比較しているため、治療費用などは実際に通う病院やクリニックに問い合わせてご確認ください。

皮膚科などの一般病院では、発毛治療が受けられないとなるとハゲに残された道はAGA専門クリニック、ただ一つです。
(AGA発症初期でハゲがほとんど目立たない人は、一般病院の脱毛抑制治療だけでも良いでしょう)

おすすめのAGA専門クリニック

AGA専門クリニックに通うことが、ハゲ・薄毛を治す最大の近道であることは今までに説明してきましたが、一番気になるのはお金・費用でしょう。

専門クリニックの中には、AGA治療が自由診療(保険適用外)だからと言って、高額な費用を請求すクリニックも存在します。

ここでは、最大の効果を出す治療内容と良心的な金額設定の両面を満たすクリニックを2つに絞ってご紹介します。※恐らくコスパは日本最強です。

おすすめNo1クリニック、月4,200円~のAGA治療!【AGAスキンクリニック】

AGAスキンクリニック

月4,200円~という手軽さでAGA治療を受けられるAGAスキンクリニック。

院長は、Amazon新書ランキングで一位を獲得した「間違いだらけの薄毛対策」を執筆している麻生奏医師です。

麻生医師自身、薄毛に悩む患者の一人であり自身の毛髪でその効果を示しています。

<AGAスキンクリニック3つの特徴>

・全国最大規模の40院!
・フィナステリド錠(プロペシア)が初回1箱4,200円の最安値
・今なら血液検査20,000円が0円のキャンペーン

AGAスキンクリニックの費用一覧

AGAスキンクリニックは、発毛を専門としたクリニックの中でも全国最大規模の40院で展開しています。

自宅近くのクリニックを探しやすいという利点もあるでしょう。

カウンセリングは無料となっています。

AGAスキンクリニック

おすすめNo2クリニック【ヘアジニアス】

ヘアジニアス
ヘアジニアスは、国内プロペシア発売までの臨床試験を担当した松木医師によって考案された発毛。

プログラムである。プロペシアを徹底的に研究した松木医師だからこそ提供できるプログラムです。

<ヘアジニアス3つの特徴>

・最高水準のAGA治療薬(体内吸収率を高める特許成分)
・薄毛の原因に合わせたオーダーメイド処方
・フィナステリド錠(プロペシア)は業界最安基準の1箱6,000円

ヘアジニアスの費用一覧

ヘアジニアスは、全国5つのクリニックで受けることができます。

AGA治療を検討の方は、無料カウンセリングを受けてみると良いでしょう。

ヘアジニアスの詳細については、以下のページを参考にしてください。

ヘアジニアス

まとめ

  • AGAの根本原因は、生まれつきの体質
  • AGA治療は早い段階で治療することが必要
  • AGA治療で効果が立証されているのは、病院(クリニック)で処方される治療薬だけ
  • 髪を増やしたいなら、皮膚科ではなく専門クリニック

長々とAGA治療について書いてきましたが、まとめます。

何度も同じ事を言うようですが、AGAの治療は病院(クリニック)でないと効果は望めません。

市販の育毛剤やシャンプーに手を出すのは簡単ですが、効果がない!ことを知ってください。

育毛商品を売るための広告に惑わされず、AGAの本質を知って正しい対処法を選択してください!

☟おすすめ1位☟AGA治療クリニック

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。