トレンドニュース
激ウマ!牛かつ「もと村(もとむら)渋谷」のメニューと店舗は?

激ウマ!牛かつ「もと村(もとむら)渋谷」のメニューと店舗は?

渋谷に激ウマ「牛かつ」のお店があると聞き早速行ってきました。

「牛かつ「もと村(もとむら)渋谷」」

最近、やっけに行列ができてるお店だな〜くらいの認識だったんですが、実は巷でブームを巻き起こしつつある有名(なりかけ?)店です。

今回は「牛かつ「もと村(もとむら)渋谷」」についてレポートしてみます。

SPONSOR LINK

そもそも牛かつ(カツ)って何?

gyu-moto02

ウィキペディアによると「牛かつ」とは

スライスした牛肉にパン粉の衣をつけて多量の食用油で揚げた日本のカツ料理。ビーフカツ、ビフカツとも呼ばれる。

明治時代初頭、西洋料理店でコートレット(カツレツ)という、牛肉または仔牛肉を使用し炒め焼きした料理があったが、後に多量の油で「揚げる」調理法が生まれ「豚カツ」が有名となった。その料理素材として豚肉ではなく牛肉を使った料理がこの牛カツである。(Wikipediaより)

ようするに・・・

豚カツ(トンカツ)の「牛」バージョンです。

あまり耳にしない単語ですが、

「豚」を油で揚げるか「牛」を揚げるかといった違いです。

実際に「牛かつ」を食べた後に思った感想ですが、

キャベツ付いてたな〜

とか、

ほぼレア状態でしたが、

衣をつけて揚げてあったな〜

と思い出しました。

SPONSOR LINK

「もと村(もとむら)渋谷」のレポート

gyu-moto03

平日の午後2時ごろ渋谷の牛かつ「もと村」に行きました。

いつもは行列ができている店舗前が

この日は行列ができていない!?

と期待しつつお店地下へと続く階段を見ると、

やはり数人が待っていました。

店員の方に待ち時間を聞くと「今日は15分くらいで入れますよ。いつもは1時間待ちなんで今日はラッキーですね」とのこと、

確かにいつもはお店の外にまで行列ができている。

■牛カツもとむらのメニュー
gyu-moto04

メニューはこんな感じで、

「とろろ」が有り・無しで100円ほど値段が違います。

「とろろ」が苦手な人は無を選べばいいと思いますが、

「とろろ」を食べることが出来る人は

「とろろ」有りを頼んだ方がいいと思います。

15分以上は並んだので、

相当なモノが出てこない限り満足しないつもりでしたが、

そんな気持ちは一瞬で吹き飛ばされました(笑)

ミディアムレアの「牛かつ」はめちゃくちゃ美味いです。

「塩」「醤油」「わさびソース」「そのまま」

どれでも美味いです。

麦飯!?との相性も抜群で、

ご飯おかわりが一回無料ですので、

「大盛り」でご飯おかわりさせてもらいました。

価格とパフォーマンスを考えたら「超・オススメ」のお店です。

前回書いた「俺のハンバーグ山本の渋谷店に行ってきた感想!店舗はどこにある?」の「ハンバーグの山本」と距離がめちゃくちゃ近い(徒歩1分)ので、肉を食いたくなったらこのどちらかのお店に行っておけば間違いないです。

牛カツもと村の基本情報
店名:牛かつ もと村
住所:東京都渋谷区渋谷3-18-10 大野ビル2号館  B1F

時間:11時~23時(日曜日のみ11時~21時)

系列店舗

牛かつ 壱弐参
(↑もとむらさんが修行した店?)

牛かつ もと村(新橋店)

激ウマ|牛かつ「もと村(もとむら)渋谷」のメニューと店舗は?のまとめ

お店は渋谷の路地にあるのですが、

いつも行列ができています。

座席数が10しかない個人まりしたお店ですので

「待つ」のは覚悟で行った方がいいです。

食べてみれば分かりますが、

「待つ」価値はあるお店です。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。