トレンドニュース
正月の海外旅行、おすすめはパラオ?グアム?オーストラリア?

正月の海外旅行、おすすめはパラオ?グアム?オーストラリア?

もういくつ寝るとお正月♪
お正月休みは家でゆっくりごろ寝もいいですが
せっかく一年しっかり働いた分
海外で羽を伸ばすのもいいですね。

SPONSOR LINK

ただ貴重なお正月休み
移動にあまり時間をかけるのもつらいし
時差ぼけがひどくなるような
遠い異国も気がすすまない。

日本からお正月に気軽に行ける海外旅行で
人気が高いのは

パラオ
グアム
オーストラリア

パラオやグアムは飛行機で数時間
オーストラリアは8時間程かかりますが
時差がほとんどないので
比較的楽です。

ではこの3つの国または島の特徴と
お正月にどんなアクティビティができるのか
まとめてみました。

正月の海外旅行、おすすめ【パラオ】編

グアムとフィリピンの間程にある
200もの島からなる共和国。

日本からは直行便で5時間。
またグアム、ソウル経由などの便も。

年末年始は乾季なので
すごしやすい夏気候です。

200の島の中で人が住んでいるのは9島。

パラオのアクティビティは
美しい島々、ロックアイランドを回るツアー。
島周辺では限りなく透明な海での
シュノーケリング。

無数のタコクラゲが生息する湖。
乳白色の混ざったエメラルドグリーンに
心が和むミルキーウェイ。

太平洋戦争の面影がのこるゼロ戦が沈む海底。
鯨の形をしたクジラ島など。
見所がいっぱい。

パラオはダイビングのメッカとしても有名。
マンタやイルカ、ウミガメなどの大物にも会えるし
小さな魚の群れ、美しいサンゴ礁。
やっぱり一度はパラオの海底探検を体験したいですね。

その他のマリンスポーツもそろっています。
シーカヤック、釣り、遊覧体験飛行
海底遊覧船、イルカとの戯れなど。

また数々の手つかずの自然がのこる離島を
巡るのもよし。

過去の戦争の影響で日本語を流暢に話す現地の方々も多いとか。

→→→パラオ旅行の予算は?親日国なの?

日本語がそのままパラオ語として残っているものも多いのです。

SPONSOR LINK

正月の海外旅行、おすすめ【グアム】編

アメリカ領の常夏の島。

日本からは直行便で3時間半。

サイパン島とならんで
根強く人気の高いリゾートアイランド。

格安ツアーもたくさん出ています。

主なアクティビティとしては
やはりマリンスポーツ。
シュノーケリング、スクーバダイビング
釣り、ヨット、クルージング
ジェットスキー等。

美しいビーチでのんびり、プールですこし体を動かして
ショッピングを楽しんだあと
アメリカンステーキと生ビール
そのあと星空を見ながらまた散歩。

がのんびりグアムでの私流の過ごし方。

正月の海外旅行、おすすめ【オーストラリア】編

大きな大陸なので、行き先の街によって多少
所要時間がかわります。

例えば、北側の街ダーウィンに入る場合と
南のシドニーに入る場合は4時間程の差があります。

シドニーへは、直行便で8時間
香港やシンガポールなどの乗り継ぎ便で
13−4時間かかります。

オーストラリアは広くて自然の宝庫なので
できるアクティビティもたくさんあります。

マリンスポーツ

ダイビング
オーストラリアは世界有数のダイビングポイントが目白押し。

中でもケアンズ近辺のグレートバリアリーフは有名。

ダイビングに興味のある人は
気軽にできる体験ダイビングから
本格的にライセンスをとるコースまで
様々な選択ができます。

色とりどりの魚やサンゴ
大きなマンタやイルカ。

オーストラリアに来たら試さずには帰れません!

ダイビングはちょっとたいそうだし
怖いから。。という方には
もちろんシュノーケリングだって
すばらしいポイントがたくさん。

サーフィン
オーストラリアにはサーフィンに適した
波のたつビーチやリーフが
たくさんあります。

初心者むけのレッスンもありますし
地元の子供達と一緒にボディボードで
波と戯れるのもいいですね。

上手なサーファーがたくさんいるので
見ているだけでも
ワクワクしてきます。

サーファーズパラダイスなんて街名があるのも
オーストラリアならではですね。

その他のマリンスポーツ
もちろん一式そろっています。
ヨット、クルージング、カヌー
ラフティング、ジェットスキーなど。

美しい海、整備の整った施設や
インストラクター。

さすがマリンスポーツの国
オーストラリアです。

エアーズロック登山
せっかくオーストラリアに来たら
一度は見てみたいエアーズロック。

山のように大きな一枚岩。

朝日や夕日に映える色は格別です。

オーストラリア中部にあるため
アクセスがすこし困難ですが
飛行機、バス、車など
低木しかない乾燥した道を
走るのはなかなかワイルド。

たどり着いたら上まで登って
登頂記録をお忘れなく。

オーストラリア特有の動物とのふれあい
オーストラリアでしか見られない動物たち。

カンガルー、コアラ、エミュー、ワラビー等。

ブリスベン近郊の保護区や各街の動物園。

または、郊外をレンタカーでドライブなど
すると自然に生息している姿に
出会えたりします。

ちなみに、カンガルーのお肉やワニのお肉などを
使ったお料理もあります。

シドニー探索
シドニーはモダンで美しい港町
ハーバーブリッジとオペラハウスの
景色はあまりにも有名ですが
やっぱり実物を見ると
写真を何枚も撮っちゃいますね。

レストランやバー、ブティックなども
洗練された物が多く
美味しいシーフードはもちろん
オージービーフなど
景色のいいテーブルを予約して
おしゃれに楽しみたいですね。

そして、もちろんおいしくてお手頃な
オーストラリアワインは欠かせません。

お正月は、あちらは暑い夏ですので
生ビールもおいしいですが。

メルボルン探索
メルボルンはシドニーに比べると
ヨーロッパの雰囲気が漂う
おしゃれな街。

センスのいいカフェやレストランが
たくさんあります。

趣のある建物も多く
散歩が楽しい街です。

もしも時間があれば
オーストラリア西にあるパースや
南の島、タスマニア、
また東にあるハミルトン島などの離島も
おすすめです。

こうやって書いているうちに
また行きたい病がムズムズしてきました。
近場にするか、遠出するか
迷うところです。
何はともあれ
早く決めて予約しなくては。。。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。