トレンドニュース
no

【珍・動画】まさかの振り逃げ3ラン


振り逃げ3ラン

2007年の第89回全国高等学校野球選手権大会「神奈川大会」準決勝での出来事です。

SPONSOR LINK

まさかの振り逃げ3ラン

対戦カードは
「東海大相模(門馬敬治監督)」対「横浜(渡辺元智監督)」の超名門校対決でした。

結果は東海大相模が6-4で横浜を破ったのですが、

その決め手となる得点シーンがこの動画です。

振り逃げ3ラン

大変珍しい「振り逃げ3ラン」が決勝点となりました。

簡潔に状況を説明しますと、

4回表、東海大相模の攻撃。
2アウト、ランナー1塁、3塁。
2ストライク・2ボール後に
横浜のピッチャーが外角低めスライダーのボール球を投球。

SPONSOR LINK

打者はハーフスイングし捕手がワンバウンドで捕球

打者はハーフスイングし捕手がワンバウンドで捕球。

球審は一塁塁審にジャッジを求め、「スイング」の判定をコール。

この時点で、「振り逃げ」が成立する状況だったため、
東海大相模の走者、打者3名が帰還しました。

横浜高校の渡辺元智監督は抗議を行いますが、
判定は覆らず、東海大相模に3得点が入りました。

どちらの高校も神奈川の高校野球を代表する名門校ですが、
ほんの些細な事で夏の勝敗が決まってしまう一例ではないでしょうか。

ちなみに、この第89回大会の神奈川の覇者は
決勝で東海大相模を破って桐光学園が甲子園に出場しています。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。