トレンドニュース
スイス旅行おすすめの時期や季節、費用と持ち物リストまとめ

スイス旅行おすすめの時期や季節、費用と持ち物リストまとめ

スイス旅行を計画中ですか?

自然がすばらしいスイスですが、観光はお天気に左右されやすいです。

せっかくスイスまで来られるのならやっぱり一番いい時期に合わせたいですよね。

またスイスは物価が高いことで有名ですが、個人旅行の場合、実際どのくらいかかるのでしょう?

何を持っていけばいいのでしょう。スイスに在住7年目の日本人主婦より、スイス旅行を計画する方のために、生の声をシェアさせていただきます。

SPONSOR LINK


スイス旅行おすすめの時期・季節・気候

スイスの夏

山が多く起伏の多い地形なので地域や標高によって気候が変わりますが、だいたい北海道や長野県のようなイメージです。

日本同様、四季があります。

気温は夏は暑い日で20度後半から30度前半、ただ湿気がとても低いのでさわやかで過ごしやすいです。

山のハイキングや湖、川、プールでの水遊び(夏でも冷たいです)などはやっぱり夏がベストシーズン。だいたい6月から8月です。

こちらの学校は6月の末から休みのところが多いので7−8月は主な観光地は比較的混んでいます。

5月の初夏、9月の初秋は比較的暖かい日も多いので日本の連休を使ってこられるのもよいかもしれません。

スイスの冬

冬は、雪が降ることも多く、山はスキー天国となります。実際、冬にはスキーをしなければ他のアクティビティがないくらいスキーが盛んです。

といってもスキーをしない人にはヴァンショーという温かいワインを飲みながら山小屋カフェやスイスの町でゆっくり読書。なんていうのもいいですね。

ただスキーをしない方にはやっぱり冬はおすすめできません。なぜかと言うとだいたいは下界は日中暗くて寒いからです。山の上は快晴なんですが。

スイスの春と秋

春と秋は過ごしやすいですが、ハイキングをするには少し肌寒いです。町の観光や湖畔のお散歩にはとってもよい季節です。

秋はこちらでもくり祭りやスイスやフランスのワインテイスティングにはとても良い時期です。

やっぱり食欲の秋ですね。4月は2週間のイースター休暇(春休み)、10月中旬には秋休みのある学校が多いため、あらかじめ行かれる町の休暇状況を調べておいて宿のお値段の高い週をさけた方が割安に旅行できます。

スイスの気候

気候に関連して、夏時間と冬時間のことも少し。スイスに来て驚くのは夏と冬の日照時間の差が大きいこと。

夏は夜は10時頃まで明るいので感覚が狂います。冬はその分5時頃には暗くなります。夏に旅行される場合は一日で一日半分くらい遊べます。

SPONSOR LINK

スイス旅行の費用

東京から一週間スイス旅行に行くと仮定した場合の概算費用をシュミレーションしてみます。

色々仮定しましたが、おおよそ30万円あれば快適な旅ができそうです。

航空運賃

航空会社によって様々ですが、往復、エコノミークラスでおおよそ8−12万円。真ん中をとって10万円とします。

国内移動費用

スイスパス利用(電車、バス、船 二等車使用 8日間有効)4万円プラス登山列車50%2回分1万円

宿泊費

三ツ星クラスのホテルを想定。平均1万5千円を7泊で10万5千円(二人分で試算なので一人は5万2500円)

食費

朝食500円、昼食1500円、

夕食5000円、間食1000円の仮定で一日8000円

7日分で56000円

観光費

一日1000円仮定 7000円

お土産代

5000円

トータル

270500円

もちろん、宿泊をもっときりつめて一つや二つ星のシンプルな宿にして、食費もスーパーで買い物して部屋で食べたり、公園で食べたりするともっとお安くなります。

持ち物リスト

一週間の海外旅行に必要な物というと。

季節によっても違うと思いますが、とりあえず主な物をリストアップしてみます。

• パスポート

• クレジットカード、現金、トラベラーズチェック等 (スイスの通貨はスイスフランです。為替にもよりますが、だいたい1フラン100円くらいです。主要なクレジットカードはかなりどこでも使えます。)

• 洗面用具 (機内持ち込みは100mlまでです。大きな物はスーツケースかバックパックに入れて飛行機にあづけて下さい。)スイスは特に湿度が低く、空気が乾燥していますので、保湿ローションやクリームは必需品。

• 季節に合わせた衣類、下着(ウインドブレーカーがかなり役立ちます。高度に合わせて脱ぎ着できる服もいいです。後スポーツ用のTシャツやパンツなども軽くて洗濯しても乾きやすいので重宝。)

• 帽子(山に行く時はかなり日差しが強いです)サングラス、日焼け止め

• 水着(夏のみ)よく乾く薄いタオルも便利です。

• 靴(登山用、町歩き用、ホテル内ではく室内履き、レストランではける靴)

• カメラ、携帯電話(海外で使えるものー互換性があり、カメラにもなるiPhoneなどは便利です)

• 行き先のコンセント(電気機器の充電用。スイスはヨーロッパ用2つ穴のがOKです。)

• お味噌汁や緑茶など熱いお湯があればできる食べ物(和食が恋しくなった時に役立ちます)

• 常備薬(胃腸薬、風邪薬など)スイスは製薬の国なのでだいたいなんでも売ってますが、薬局探しに時間をとられるのも面倒なので。

• ポケット辞書(スイスは英語があまり通じません。ドイツ語圏、フランス語、イタリア語圏なので、やっぱり辞書はあった方がより楽しめるかも。)

• 本(活字が読みたくなっても日本語の物はほとんどありません。。)ちなみに私はKindle派です!Kindleがあるといくら読み終わってもその場で新しい本を買えるのでとても便利です。

• 買い物用の袋(スイスではお買い物袋は有料です。)

• ポケットティッシュ(紙関係は割高です。)

まとめ

いかがでしょうか。だんだんスイス旅行のイメージが鮮明になってきましたか?

美しい山々に絵本のような町並み、おいしいチョコレート、チーズにスイスワイン。

楽しいスイスの旅になりますように。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。