トレンドニュース
アメリカのチップ相場と目安は?払方や渡し方は?素敵なお金の使い方

アメリカチップ

日本では馴染みのないチップ

アメリカではどれくらいが相場なのでしょうか?

※驚きの動画あり(笑)

SPONSOR LINK

チップは、

「ウェイター・ウェイトレス、ホテルのドアマン、ポーター、タクシーの運転手」などの

サービス提供をしてくれた人にサービス総額の十数%を支払う習慣です。

日本にはない習慣ですので、
海外で戸惑う人も多いと思います。

相場の目安は
アメリカの標準的なレストランですと、
総額の15%〜20%を支払います。
(高級レストランですと、20%〜25%が標準)

結構な額に感じてしまう方もいるかもしれませんが、
実は、このチップを基本収入として捉えて働いているので、
ウェイター・ウェイトレスさんなどの給料は非常に低く設定してあります。

SPONSOR LINK

チップを渡す必要がある人と場所

「バー、ホテルのドアマン、ポーター、タクシー、ウェイター・ウェイトレス」

Gratuity、TIP、SERVICE CHARGEなどが領収書に書いてある場合は

チップ込みの料金なので別途に支払う必要はない。

レストランでの支払い方は、
直接渡したり、テーブルの上に置いたりするが
コレといった決まりがある訳ではないので、
周りを観察してみるのが一番良いのではないでしょうか?

参考になる動画
チップに200(約2万円)ドル置いてみた結果(笑)

アメリカのチップ相場

この喜び方で分かると思いますが、

200ドルはやり過ぎです。

しかし、
心地よいサービスをしてもらったお返しに
少し多めのチップを提供して喜んでもらうのは
素敵なお金の使い方ではないでしょうか?

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。