役立つ3分
睡眠障害や過眠症は病院の何科で治療するの?

睡眠障害や過眠症は病院の何科で治療するの?


睡眠障害や過眠症は病院の何科で治療するの?

最近眠れない夜が続いていたり、逆にしっかり夜は眠っているのに、昼間眠たくて仕方がなかったり【睡眠】に関しての悩み事を抱えている人が増えているようです。

怪我をしたわけでもなく、どこかがいたいわけでもないので、そのままにしてしまうことが多いようですが【睡眠障害】は、陰に大きな病気が隠れていたり、大きな事故を招いたりと、生活に与える影響は想像以上に大きなものです。

ひどい場合は病院で見てもらった方がよいかもしれません。でも一体何科に行けばいいのでしょうか。

SPONSOR LINK


睡眠障害と過眠症とは?

睡眠障害にはいろいろな種類があります。

主なものは不眠症と過眠症です。

不眠症は、夜なかなか寝付けない夜中ずっと眠れない、眠りが浅く十分眠った感じがしない。早く目が覚めてそれから眠れないなど理由から日中に疲れたり体調不良が起こったりすることをさします。

日本では5人に1人がこのような症状を持っているらしくかなり一般的な悩みのようです。20〜30代に始まって、中年、老年となり一気に増加します。

原因としては、眠る環境(枕、暑さ、騒音等)
体の要因(痛み、かゆみ、発熱、消化器疾患等)
ストレス要因(悩みや緊張、精神的ショック、生活上の不安)
食生活(飲酒、喫煙、カフェイン、運動不足等)があります。

過眠症は、夜しっかりと眠っているのに日中眠くて起きているのが困難な状態をいいます。過眠症には数種類あり、どれもほとんど10代から発症します。

ナルコレプシー

世界で1000人から2000人に一人に見られる病気。

日中に強い眠気、短い居眠りを繰り返します。

笑ったり起こったりすると突然脱力し、ひどい場合はへたり込みます。

寝始めに金縛りにあったりします。

突発性過眠症

ナルコレプシーより少なく、昼間の眠気と一時間以上の居眠りが主な症状です。

夜の睡眠が10時間以上と非常に長い場合があります。

反復性過眠症

非常にまれで女性より男性が多く、強い眠気が3日から3週間ほと続き、自然になおりますが、不定期に繰り返されます。

原因としては、脳での覚醒維持機能に異常がある又は夜間の睡眠障害があることが考えられます。

SPONSOR LINK

治療は何科?

睡眠障害は病院の専門医と相談、治療計画を立てて、規則正しい生活を送ればたいていは改善されるようです。

何科に行けばよいのでしょう?

総合病院では心療内科や精神科、精神神経科などが専門です。

どう違うのでしょうか。

精神科 
精神科は不安が募る、イライラがおさまらないなどの心の病気を診てくれるところです。うつ病や統合失調症なども精神科の範囲です。

心療内科 
一方、心療内科は不安やストレスなどが原因で起こる体の不調を診てくれるところです。いわゆる心身症と呼ばれるものが対象です。例えばストレスで胃が痛い場合には心療内科で診察を受けます。

神経内科 
神経内科は神経の病気を診てくれます。手足がしびれる、頭痛がひどい、ろれつが回らないなどの症状のときに行きます。こういった症状は主に脳神経系の疾患です。

かかりつけの病院でも生活習慣の改善など、ご自分の普段からの体調管理や生活習慣を全面的に見直したりと、相談にのってくれるでしょう。

自分の不眠の状態を整理してから相談しましょう。

  • いつから症状が出ているのか
  • 考えられる原因は何か
  • 眠るまでにどのくらい時間がかかるか
  • 別の症状はないか
  • 寝付くまでに時間がかかるか
  • 夜中にトイレ等で何回も目が覚めるか
  • その後すぐ眠れるか
  • 朝やたらと早く目が覚めるか
  • よく寝たという熟睡感があるか
  • 運動しているか
  • いびきを指摘されたことがないか

等。

それでもよくならない場合、睡眠障害専門の病院もあるので紹介してもらうこともできます。

病院で見てもらうと【ポリグラフ検査】という検査を行います。

これは様々な装置をつけて一晩眠り、睡眠中の脳波や心電図、眼球運動、あごや下肢等の換気の様子いびきなども記録する検査です。

この検査を行えば、睡眠時無呼吸症候群や周期性四肢運動障害などの診断も正確に行うことができます。

診断してもらう病院でこの検査ができるか、確認されることをお勧めします。

まとめ

一度不眠症が続くと、“また眠れなかったらどうしよう”“眠らなきゃ、眠らなきゃ”と不安になり、よけい眠れなくなってしまうことが少なくありません。

もし自分の眠りが順調でない。

そのために日中だるく、疲れがとれない、そんな風に感じたら、自己流で判断せず、一度病院で相談してみるといいかもしれません。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。