役立つ3分
子供・受験生・大人のインフルエンザ予防接種の時期は?

子供・受験生・大人のインフルエンザ予防接種の時期は?

11月に入ると、秋のさわやかな空気の中にも冬の訪れが一歩一歩近づいてくる気配を感じますね。そして、秋から冬への季節の変わり目には、のどが痛い、鼻水が出る、咳が出るなどの、かぜの症状が出やすい時期でもあります。

本格的な冬に突入する前に、かぜ、特に毎年流行するインフルエンザへの予防策を考えられている人も多いと思います。

一番効果的な予防策は、やはり、予防接種ですが、予防接種は効き目が持続する期間と、実際にインフルエンザが流行する時期をしっかり見合わせないと効き目が半減してしまいます。

インフルエンザの予防接種をするのに最適な時期を、対象別に分けて調べてみました。

SPONSOR LINK

インフルエンザ予防接種

大人の場合、インフルエンザにかかってしまったら会社を休みたくても休めないですよね。

かかったことのある人ならわかると思いますが、インフルエンザに一度かかると、少なくとも3日位は横になっていないといけないほど、高熱や関節痛など症状が急激できついですよね。

大人だけではありません。子供は幼稚園や学校でたくさんの、子供たちとの接触があるので、非常に感染しやすい状況にあります。

そして1人もらってくると、それが家族中にうつってしまう・・・ってことは、避けられませんよね。

また、受験生の皆さんは受験のピークが1−2月。これはインフルエンザが爆発的に流行するピークと、すっかりかさなっています。

この時期にインフルエンザにかかってしまったら、これまで積み重ねて来た努力の成果を、存分に発揮するのが難しくなってしまいますね。

そして大人の中でも特に妊婦さんは、絶対にかかりたくないと思っていることと思います。ただでさえ、重くて大変な生活。自分の命だけでなく、これから生まれてくる赤ちゃんへの影響の心配。ですから予防するにこしたことはありません。

予防接種の時期は年齢や避けたい期間によって、多少変わってきます。

SPONSOR LINK

インフルエンザ予防接種の時期は?

一般的にはワクチンは摂取後、2週間目頃から5ヶ月程度持続するとされています。

日本では1月頃からインフルエンザの流行がピークになることを考えると、12月頃までに接種を完了するとよいですね。

またワクチンは年齢によって回数が異なります。2回接種することで免疫力が数倍に高まるので、子供には2回接種が推奨されています。

生後6ヶ月以上13歳未満・・・2回接種、間隔は2〜4週間程度あけます。

一歳未満の赤ちゃんへの効用は証明されていないので、赤ちゃんに接種するよりは周りの大人や兄妹に気を配って、移さないようにすることが大切です。

13歳以上・・・1回または2回接種、間隔は2〜4週間程度あけます。

基本は1回ですが、慢性疾患がある人などは医師の判断で、2回接種することもあります。

13歳までの子供にインフルエンザの予防接種をする場合

13歳までの子供に予防接種をする場合は、1回目を11月上旬、2回目を12月上旬までに接種すると1〜2月のピークを一番予防効果が高い状態で乗り切ることができます。これ以上早く受けると、3〜4月の時期をカバーできなくなるので注意してください。

受験生の場合、受験シーズンが1〜2月となるためこの時期にしっかり予防するためには11月上旬に接種するのがよいでしょう。遅れてしまったがために、12月にインフルエンザにかかってしまうと、勉強のピークを乗り越えるのがつらくなってしまいます。

インフルエンザの予防接種、妊婦さんの場合

妊婦さんの場合、特に時期が気になるところですね。

まず、妊娠前に予防接種を受けるのが一番よいでしょう。早めに予防することでインフルエンザが流行しても、対抗できる体を作ります。

妊娠中の場合、特に初期の不安定な時期(妊娠13週前後)は避ける傾向にあるようですが、その以外の時期には、インフルエンザにかかってしまった後の危険性を考慮し、予防接種の優先順位が高いグループであると認識されています。

接種の時期は13歳以上と同じです。

授乳中であっても、予防接種をせずにインフルエンザにかかってしまった場合に、乳児に移してしまう可能性を考えると、接種をして予防をする方が、接種をせずにかかってしまった影響と比べると賢明でしょう。

子供・受験生・大人のインフルエンザ予防接種の時期は?のまとめ

日本の厚生労働省や米国疾病管理センターも、授乳中のワクチン接種は安全であるとし接種を奨励しています。

インフルエンザへの予防対策は、今からでも決して早くないということですね。というよりは今が接種には一番最適な時期と言えます。

病院での予約はもうずいぶん前に始まっています。さっそくかかりつけの医師や近所の病院で、予防接種の手配をしてきたいと思います。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。