役立つ3分
インフルエンザの予防接種は効果なし?

インフルエンザの予防接種は効果なし?


インフルエンザの予防接種は効果なし?

今年もインフルエンザ流行の時期がもうすぐやってきます。この時期になると、予防接種をするように会社で推奨されたり、かかりつけの医師にアドバイスされたりする人も多いと思います。

ただ、インフルエンザの予防接種の効果についてちまたでは賛否両論ですね。私の友人の間でも賛成派と反対派にくっきり分かれています。

私もこれまでは毎年受けていましたが、その年によってかかったり、かからなかったりしています。実際の効果の程を調べてみました。

SPONSOR LINK

インフルエンザの予防接種は効果がない?

インフルエンザはのどの痛み、鼻水、くしゃみ等の症状が中心で全身症状のあまりない普通の風邪とちがってインフルエンザウィルスに感染して起こる病気です。

38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身症状が突然現れます。それらに加えて普通の風邪の症状も見られます。子供はまれに急性脳症を、高齢の方や免疫の低下している方は肺炎を伴う等重症になることがある怖い病気です。

インフルエンザにかかると、インフルエンザウイルスが口や鼻の中から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは細胞に侵入して増殖します。

この状態を「感染」といいます。予防接種はこれを抑える働きはありません。

この後、数日の潜伏期間があり、発熱やのどの痛みなどの全身症状が始まります。この状態を「発症」といいます。予防接種はこの発症を抑える効果がある程度認められています。

発症後、ほとんどの場合は一週間程度で回復しますが中には肺炎や脳症などの重い合併症が現れ入院や死亡される方もいます。これはインフルエンザの「重症化」とよばれます。

SPONSOR LINK

予防接種の最大の効果はこの重症化を予防

予防接種の最大の効果はこの重症化を予防する効果です。

厚生科学研究班による報告では65歳以上の健康な高齢者には約45%の発病を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったとされています。

また1歳から6歳のワクチンの有効率は20〜30%だということです。これはどういうことかというとワクチンを接種した人たちはワクチンを接種しなかった人たちに比べて発病する人が20〜30%少なかったということです。

たとえば、ワクチンを接種した人100人接種しなかった人100人の集団があるとします。

有効率30%というのは、接種しなかった人の集団では20人がインフルエンザにかかるならば接種した人の集団では14人がかかるということです。

ですから、予防接種をすれば絶対にインフルエンザにかからないというものではありませんがある程度の発病を阻止する効果とかかった後の症状が重くなることを阻止する効果があるのです。

ただし、この効果も100%ではありません。そして私たちの体は各自、抗体の出来方が違うことにも大きく関係します。発症予防に十分な量の抗体ができれば、ウィルスに感染しても発症しません。

逆に抗体量が発症予防レベルまであがらなければ予防接種をしてもかかってしまいます。

普段からの丈夫な体作り、食生活、手洗い、うがい十分な睡眠など、予防接種とともにできる予防策もしっかりとやっておきたいものですね。

予防接種の効果はいつから?

予防接種の予防効果が期待できる期間は接種した(13歳未満の場合は2回接種した)2週間後から5ヶ月程度と考えられています。

このように5ヶ月程度しか効果が持続しないので毎年予防接種を受けた方がよいでしょう。

インフルエンザは毎年12月から3月頃に流行するので12月中旬までに予防接種を終えることが望ましいですね。

ワクチンの接種量と回数

1.6ヶ月以上3歳未満 1回0.25ml  2回接種
2.3歳以上13歳未満 1回0.5ml  2回接種
3.13歳以上 1回0.5ml  1回接種

一回目の接種時に12歳で、2回目の接種時に13歳になっていた場合2回とも12歳として考えます。

一歳未満の乳児では予防接種の効果は確認されていません。生後6ヶ月未満の場合は、母親からの免疫が期待できますし効果や副反応が明確でないため、普通予防接種はしません。

気になる副作用

一般的に副反応は軽く、主なものは接種局所の反応で赤くなったりはれたり、痛みを伴ったりすることがありますが、2−3日でなくなります。

またまれに発熱、頭痛、悪寒などが起こることもあります。きわめて稀ですが、死亡例の届け出もあります。日本では、ワクチンが原因の可能性があると認定された死亡事故は約2,500万接種に1件の割合です。

というわけで、予防接種の有効率は思う程高くはありませんが現在のところ科学的に有効性が証明されている予防法は予防接種だけなのです。

  • 何としてでもインフルエンザにかかりたくない人
  • 出来る限りの予防をしたい人
  • 他の人に移したくない人

やはり予防接種をしておいた方が予防できる確率は絶対的に高くなるので、できるかぎり接種されることをおすすめします。

SPONSOR LINK

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。